夢遊病者時代は「目覚め」の時へのトンネルだ

2017.04.14 Friday

0

    IMG_0714.jpg

     

     

     

     

     

    「元気かぁ〜?」と、マブ友で開運画家の加藤和(かとうなごむ)ちゃんから電話があった。

     

    ここのところ、根を詰めるというよりも、何かに憑かれたように、染め続けて「私は大丈夫か?」な日々。

     

    ご飯を食べる時間ももったいなくて、睡眠もアトリエのソファで仮眠をして、少し元気なったら夢遊病者のように

     

    染め出す。眠くて目が半分しか開かなくても染める中毒は止まらない。

     

    そんな時に和ちゃんからの電話。「今は、根を詰めすぎていいんだよ。それで、染めつくまで染め続けるんだよ。

     

    でも、ちょっと途中下車してストールフェアしたらいいよ。」と。

     

     

     

     

    うん。

     

    このぶんだと、6月に一度、開催しましょうか。。。。。

     

     

     

     

     

    IMG_0699.JPG

     

     

     

     

     

    そういえば、20代の頃クリエーターのお遊び会で一緒だったNくんは、テレビで特番を組まれるほど有名になった。

     

    そんな彼は、昔、エイズが話題になった頃、「エイズ」をテーマにオブジェに取り組んでいた。

     

    彼が独立する前、20代後半だったかな〜、発泡スチロールからAIDSのアルファベットを切り出しているうちに

     

    アルファベットを作りすぎて、最後には、マンションの部屋に入ることができなくなったそうだ。

     

    デザイン会社から、マンションの部屋に戻ってから毎夜毎夜、発泡スチロールを削り続けて、最後は玄関の外に

     

    自分が出るハメになったそうだ。若い頃から、キチガイのようなクリエイティブな逸話がいっぱいあった。

     

     

     

     

     

     

    IMG_0711.JPG

     

     

     

     

     

    キチガイを、キチガイ時代をきちんと、きちがいを堪能することで

     

    自分自身の、扉が開くもんだ!!!

     

    遅がけながらも、私にとって今がその時だ!

     

     

     

     

     

     

    昔から根を詰めやすいというか、根を詰め過ぎながらモノヅクリをしてきたけれど、今回は凱旋門というか

     

    隠しようのない自分ダダ漏れの脱皮本番の時。

     

     

     

     

     

    新しい色が生まれ、アトリエがその色たちで満たされていけば行くほど、隠しようのない自分というものが

     

    見えてくる。見返すと、どこもかしこも「私」がいる。

     

     

     

     

     

     

     

    今日は染めながら、確かにストール布地を染めているんだけど、

     

    一枚一枚、染めるその色と染料が私の体の中に入って行っている。地層のように、その一色一色たちが私の中に

     

    重なっていくことで地場ができるんだなぁと、それがとても大切なことと。

     

    今の人色が、私の、その古く遠くにある時間にまで染め入って行くように感じた。

     

     

     

     

     

     

     

     

    この1週間はたくさん染めた。半日だけ母と一緒にお花見ランチに父のお墓参りで出かけたけれど

     

    あとは朝昼晩、関係なしに染めていた。だからなのか、ちょっとお出かけしようにも

     

    メイクもお洋服も似合わない。

     

     

     

    特に

     

    私に似合うストールが見当たらない。

     

    たくさんあるストールを取っ替え引っ替え。

     

    確かに、あの時はしっくりと、かつ新鮮な私へと誘った色たちが今はヒットしない。

     

     

    ストールの色が変わるたびに、脱皮をするようにメインのストールの色を変えてきた。

     

    まるでストールの色が自分史、カラーヒストリー。

     

    脱皮したストールは抜け殻のよう。

     

     

     

     

     

     

     

    そんな中、

     

    1枚だけ染めたNEW蓮華妃紫色のストールが、この色だけが私にフィットした。

     

     

    強い色なのに、纏うとナチュラルな雰囲気にさえなる。

     

    春夏にナチュラルベージュなんかと組み合わせたら品良く、かっこよくだ。

     

     

    今日は、この1枚だけ染めたこの色を色止めもなしで

     

    ずっと首元にまとっていまし。

     

     

    変化が実郎的に始まり、その勢い風が、昨年の鬱々とした心を流し去った。

     

    蓮華はハスの色。

     

    なんだか、足元にある経の鬱々とした日々は肥やしのごとく蓮華(ハス)の花を咲かせようとしているような。

     

     

    深い部分の目覚め。

     

    この色はそんなテーマを持って入るように感じた。

     

     

     

     

     

     

     

    種月〜SEED MOONを迎えて

    2017.04.11 Tuesday

    0

      tanetsuki.jpg

       

       

       

       

      アメリカ先住民達は、4月の満月を「種月・seed moon」と呼ぶそうです。

       

       

       

      種月といえば、

       

      umu-wakaには、「種月色・tanetsuki-iro」のストールがあります。

       

       

      種月色といえば、お客様の出産した時のエピソードを思い出します。

       

       

       

      地元から遠く沖縄へ移住してからの第二子目の出産を控え、新しく生まれる赤ちゃんと、長男との

       

      コミュニケーションのことなども気にかけていらっしゃった時のストールの色のお見立てが「種月色でした。

       

      お腹の赤ちゃんと自身とコミュニケーションをすると、いつも種月色をお守りのように、肌身離さず一緒だったそうで

       

      出産の日、陣痛を迎え、お産の場にストールと共に運ばれたそうです。

       

       

       

       

       

       

      そして出産!赤ちゃんがママのお腹から生まれ落ちた瞬間、

       

       

      看護婦さんは

       

       

      「あ!このストール、大切なのものなのね!!」

       

       

       

      と看護婦さんは言って、「種月色」のストールで赤ちゃんをお迎えして包まれたそうです。

       

      ママは、「ああああああ〜沐浴してから包んで〜」と叫ぶに叫べずだったそうですが、

       

      その後、種月色のストールは、お洗濯をされたそうですが、その後、ストールはもっと美しい表情になったそうです。

       

       

       

      この世に生まれて最初に種月色に包まれた赤ちゃんの名前は「碧くん」あお君という名前です。

       

      赤ちゃんがママのお腹の中にいる時見えている色は、碧色とも言われますが、碧君には、誕生のキーワードの

       

      色がたくさん。将来、産婦人科の先生になったりしたら。。。なんて妄想をしてしまいます。

       

       

      そして

       

      こんな風にお客様に大切にされて、ストールを寄り添わせていただけるなんて

       

      とてもありがたくて、とってもとっても幸せです。感謝いたします。

       

       

       

      737138_10200473327542359_1299274718_o.jpg

       

       

       

      また、種月色のストールは、

       

      出産を悩む女性の元へも嫁いだことがあります。

       

      種月色は、そういう「生まれる」ことや、お腹の赤ちゃんとの会話と何かと何か関係があるのでしょうか?

       

       

       

       

       

       

      色々な種類の蜂が留まりやすいのもこの色のグループです。

       

       

       

       

       

      種月・SEED MOON

      個、私という存在の「個」ということ。

       

       

       

      4月の満月を「種月」という。

       

      今回は天秤座の満月ということも関係しているのかもしれませんが、今年の4月の満月は大きく私自身の心にも

       

      作用していたようで、先週ぐらいから、母との関係性の中で感情面が非常に苦しい時が多くあり、精神的な苦痛は

       

      肉体レベルまで影響したようでダウンしていました。

       

      発端は、母の新車購入の際の問題からでしたが、様々なことが、物理的にも処理をしなくちゃい毛ない面倒なことが

       

      続きました。限界かなと思い、無理をしないで少し、自身の心とも距離を置こうとも思い、自身が心地よい時間を

       

      過ごしました。満月前夜頃から少し解けてきた自身の心。

       

      今日の満月ジャストは15:00頃だったのですが、満月ジャストに向かえば向かうほど、どうしようもない眠気に

       

      襲われて熟睡。満月ジャスト過ぎ、夕方になって目が覚めました。長い昼寝です。

       

      そして目覚めて、なんだか、その問題のプロセスを思い浮かべていると、心が軽くなっていることに気がつきました。

       

      今回のプロセスは、「個」。私という存在の「個」ということ、その生き方の選択であった

       

      ような気がします。

       

       

       

       

      まるで種月の満月の前のそれは、陣痛だったのか? 産道をくぐり抜けている時だったのか?

       

      碧くんの誕生と重なります。

       

       

       

      目覚めた後は、私という「個体」の感覚があった。

       

      共有、依存。一つであって一つでない。

       

      守らねば。とか、生きているうちに条件付けされた 様々な「KEY」がほどけたように感じた。

       

       

       

       

       

      種月色・たねつきいろ

       

      種を蒔く時と、思い色名をつけたのですが、種月の満月が過ぎた本日は、また違うニュアンスを感じました。

       

      花が咲き、実ができ、そしてその実から種が飛び立つ。その時の色が種月色のように感じます。

       

       

      外は満開の桜が舞い始め、新入学の子供たちも新しい学校の門をくぐり、一つ大人な学校の環境に

       

      慣れ始めようとする頃でしょうか。新しい個の始まりです。自由に。