本当のリノベーション

2017.05.04 Thursday

0

    18194591_1491805070870271_2933516236802528984_n.jpg

     

     

     

    脱皮を確認した次の日は、東京からのお客様。

     

    遠くから足を運んでくださる。なんてありがたいこと。

     

    地元の私と同じ年の名鉄犬山ホテルへお客様をお迎えに行くと、ホテルは変わらぬ美しい佇まい。

     

    陶器の壁やガラスシャンデリアも当時の作家さん製作で美しく時を重ね、地元の財産だと思うと共に、遠くから足を

     

    運んでくださるお客様への「おもてなし」と感じると、なんとなく自分の物のようにも感じる。

     

     

    ご家族で旅行を兼ねてのアトリエ訪問だったので、午前中でお別れをして、私は、そのあと、二人掛かりでの整体施術を

     

    2時間半と超ロングx2名の手で復活体を目指したのですが、今月は、染めも根を詰めましたし、その合間の実家の家事

     

    も頑張っておりましたので、疲れもコリもすごいだろうなと覚悟をしていたのですが、二人の先生が体を触った途端、

     

    先生方は、笑い「見なかったことにしよう」と逃げ出したいほどの身体になっていたようで、このコリのまま

     

    ずっと仕事を続けていたら、脳梗塞系で倒れていただろうと。同じようなコリを抱かえて、救急車で運ばれた方もいると。

     

    そんな感じだったので、雄叫びをあげた施術の後は、やっと自分の体の痛みや疲れを感知できるようになった。

     

    痛みを封じ込めていた蓋が開いたようで、自宅へ戻る途中もヘロヘロ。

     

     

    今宵はゆっくりと休もうと思ったら、寝入り端から母に起こされる。

     

     

    結局、施術後の3日間は、母の急なお達しとかで眠れない日々が続きました。

     

     

    喉が痛いという母を気遣って色々と手当てをとしながらも、「ああ無情!」なこともあり。

     

    自身も体調が悪い中、家事、母ケアをと動けば動くほど、ああ無情と休めない私。

     

    うん、これは、神様からのお試しテスト。もう心配を手放して自分を優先さセル時期ですよ!とのお達しだな。

     

    一人で長いこと暮らしてきた強い母だから、これぐらいの傍若無人にもなるか。

     

     

     

    今回は、というか、すごく達観して、その「家族ドラマ」を感情が揺れることなく直視できた。

     

    「お達し」を目を見開いて確認したようにも感じる。

     

     

     

     

     

    18157781_1491805140870264_2124622664459968879_n.jpg

    地元の焼き物・犬山焼きのお茶碗。

     

     

     

     

     

     

    休息のためにアトリエへ行き、宅配の荷物を待ったりしながら染めたストールの山を目にする。

     

    疲れを知った体は、この後の色止めや柔軟仕上げや諸々の工程を想像すると、「これは一人ではできない。」

     

    と実感。今後の染めのことも考えると、お手伝いさんに来てもらっての作業の流れが必要。

     

    仮の染め場、作業場で、ここのところ染めていたので、作業効率を考えて大掛かりに大工仕事が必要。

     

    染めたい気持ちを抑えて、休息しながら、今回はレイアウト図面、什器図面をこさえ、作業スケジュールを作った。

     

     

     

    ここへ越して来て、2年半。何度もレイアウト変更をして家具移動を重ねて来たけれど、今回は、壁も作って

     

    家具も製作する。仮の引越し先だったアトリエだったので、実家の片付けなどを優先して3年半。

     

    実家は、片付けて修理をしても、綺麗になった途端、散らかり放題になる。イタチごっこだった実家の片付けを

     

    諦めて、アトリエを自分の一番心地よい空間へと完成させようと決めた。

     

    やっと引越した感。2年半かかって、心もこのアトリエに引っ越したような気がした。

     

     

    実家のリノベーションとか、2年がかりで設計の先生と進めて、母の病気とかで中断したままだったが、

     

    もしや、実家のリノベーションではなく、umu-wakaのリノベーション&私のリノベーション。

     

    これだったんだなあと、今、やっと思う。

     

     

     

     

    脱皮して、

     

    やっと自分のスペースに着地した。

     

    恐れという嵐から、嵐のルーチンから抜け出したようにも感じる。

     

    いろんな恐れが原因で、自分以外のことに時間を使ってきたような数年のようにも感じる。

     

     

    腹を据えて、時間がかかるかもしれないけれど憂や不安のないスペースを作り、その基盤を作り

     

    そして心の引っ掛かりなく、飛べる準備をしようと思う。

     

     

     

    そして遠くから足を運んでくださるお客様が、もっとくつろぐことができるアトリエを作ろう。

     

    根を詰めすぎる句読点のように、いつもお客様がアトリエへとお越し下さる。

     

    umu-wakaは、本当にお客様のおかげさまで、作られてきている。

     

    感謝がいっぱい。だから、お客様が元気になる幸せパワーの色を、いっぱい染めて行きたい。

     

     

     

     

    脱皮

    2017.04.28 Friday

    0

       

       

       

      今朝目覚めたら、私の脱皮したての抜け殻がリビングに落ちているように感じがした。

       

      この3ヶ月間、いや、特に4月に入ってからは夢遊病者のように染め続けていた。

       

      この真空パックのような時間。目覚めては染め、食事をとる時間さえもったいなくて、そして疲れ果てたら眠る。

       

      眠る時は、疲れ切った身体が地震のように震えていた。

       

      その地震のように震える身体の感覚が遊園地のようで、快感に感じるようになり、今日は震度がいくつになるだろうかと

       

      楽しみになっていた。

       

       

       

       

      しかし、今朝、目覚めたら、人間としての生活を見ていなかったんだなと、

       

      色々なことをおろそかにしていた残骸が目に入った。テレビのチャンネルを変えたように、見えていなかったものが

       

      見えてきた。水中から陸上に上がったような。または、退院して街にでも出たような眩しさ。

       

       

       

       

      何度も何度も句読点を迎え、毎日、日記を綴りたくなるような染めの日々だった。

       

      何に囚われていたんだろうか?

       

      囚われながらも、この囚われの期間というものを超えないと何も見えてこないと。

       

      登竜門と感じていて、意識不明な期間があったように感じる。

       

      umu-waka十年で生まれた色は400色以上。

       

      新しい染料で、その400色んレシピを新たに作り始める。全ての色のレシピを作るなんて短期間では

       

      無理なことで、それでいて、新しく生み出したい色も私のもう一つの角膜の上にはあって

       

      その色を染めたりと、3ヶ月であって、そして何年もの時の中にいたような、時の感覚がない真空パックの中。

       

       

      今日は、胎盤付きで濡れているような感覚でフラフラしていた。

       

      明日から人間になろうと思う。

       

       

      そしてゴールデンウィーク。金の週。黄金の休日な時間が世間にはある。

       

      ゴールドな週には、ゆっくりとお休みを取りながら、普通に仕上げをしたり

       

      この真空パックの中にあった時間を、染めを振り返り綴ろうと思う。

       

       

      なんだか今日は不思議な感覚だ。