かぐやピンク〜自立のピンク

2017.04.21 Friday

0

    17951429_1482978351752943_135854705398393589_n.jpg

     

     

     

    竹取物語〜かぐやのピンク

     

    毎日毎日、引き籠りのように染め続ける日々。

     

    SNSのみんなの美味しそうな、楽しそうな投稿を見ながら、私は地味な生活をしているなと思ったりする。

     

    もともと、オタク要素もあるので、作品作りや夢中になるものがあると、何日も部屋から一歩も出ないことは多くあるが

     

    今月の引き籠りは、少しいつもと違った感覚の引き籠もり感覚がある。

     

    自宅、母のケアも、やり過ぎて疲れきってバランスを崩している感もあったので、母を信頼して手放しをしようと。

     

    染めのタイミングというか、染めの途中でやめてアトリエから自宅に戻るということも難しかったり、

     

    健康的なものをと、料理もたくさん作っていたけれど、母はジャンクちっくなものが好きだったりするわけで

     

    片付け、掃除を頑張っても、すぐ散らかり放題になるので小言を言う私に、きっと母もストレスを感じている

     

    だろうから、母のスペースに介入しない。と決め、染め、自分の時間を充実させた。

     

     

    染めに没頭、引き籠りは、ある意味、「母娘の自立と自由」なのかな。とも思っている。

     

    なんだか竹取物語、赫夜姫(かぐやひめ)のお話を思い出したりする。

     

     

     

     

     

     

     

    17952439_1482978345086277_1069258770577474773_n.jpg

     

     

     

     

    かごめ〜♪かごめー♪


    籠の中の鳥は〜♪


    いついつ出やぁる〜♪

     

     

     

    籠(かご)の竹、竹編を取ったら龍。


    竹取物語。

     

    竹から生まれて、人間世界で暮らす。なんだか人間世界に籠る。というような。

     

    籠もっていたかぐや姫は、竹を取っぱらって月に帰る。

     

    その夜空を舞い上がる姿は、ピンクの龍だったのかしら?

     

    染めながら、思いを巡らせる。

     

     


    それというのも、この色を染めている時のストールが染液の中を踊る姿は、本当にピンクを龍のようだった。

     

    染めに籠って、染めを完成させる頃には、竹を取っ払い、私も月へ昇るのか?

     

    なんだか自立のピンクを思う。

     

     

     

    赫夜(かぐや)

     

     

     

    私の色鉛筆

    2017.04.17 Monday

    0

        

       

       

       

       

       

      今日から春の土用。5月4日まで続く。土用は季節の変わり目んあおで農作業で体調を崩さないようにという

       

      意味合いもあるそうですが、土用の間は、土公神(どくしん)という神様が支配すると言われ、

       

      土を動かしては行けないと言われます。土用の間日は、4月24日、25日、28日。この3日間は免除される日。

       

       

       

       

      今日は激しく雨が降っているのに静かな一日。

       

      嵐のように染め続けたひとくくりの日々が開けて新しい週の初め、土用入りの雨の日に、静かに立ち止まる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      特にこの数日は、不眠不休、意識朦朧で身体の感覚さえわからないような中でストールを染めていた。

       

      食事もそこそこ、疲れ切ったらソファーで仮眠をとり、また染め出す。そして疲れ切って意識朦朧になればなるほど

       

      半分目を閉じたような状態で、染める。火をかけた鍋の前で一色1時間ほどストールを操作する。

       

       

       

      楽しいとか、疲れたとか、苦しいとか、そんな感覚なんて、何もなく、ただ砂漠の中で水を探して生き続けていたような、

       

      ただ魂だけが存在していたような日々でした。

       

      今日は、本当に一夜開けて、色の道筋が見えて来た。そんな大きくページが切り替わったように思う日。

       

       

      IMG_5265.JPG

       

       

       

       

       

       

      昨年は変化の時で、染めることができなかった。

       

      色直しや処理の中、悲しかった。

       

      駄目になったストールが師匠からの声無き手紙のようで辛く苦しかった。

       

       

      師匠の四年前の大病から覚悟しながらだったけれど、越えてきたし、越え切る自信もあった。

       

      だから声無き手紙のストール達に触れることは悲しくて、ストールを見ることさえ辛くて、

       

      全部、閉まっていた時もあった。

       

       

       

       

      年が開けて、肚が決まって「なんで?」な気持ちも染めていくたびに消えて行き、

       

      それから自分が表現したい色の世界への熱望が生まれた。

       

      たくさんの色、染め方、立体。

       

       

       

       

       

      17990767_1315501431875522_7397057624887180391_n.jpg  17904190_1315505095208489_7767053337046179826_n.jpg 17951786_1315506001875065_1541979401506960889_n.jpg

       

       

       

       

       

      まずは、染めたかった色を染めだした。私の輪郭が見えた。

       

      そして、すでに生まれていた色名、色群の再現。

       

      色も、それぞれの色言葉も古くなっていたので、今はブラッシュアップもしたい。

       

      染料も新しいタイプの染料にして、染めの工程も3工程増やしたので、一からレシピ作り。

       

       

       

       

       

       スクリーンショット 2017-04-17 14.27.08.png

       

       

       

       

      そして、まだまだ、染めて色を出したい。

       

      しかし、写真の膨大な量のストールは、まだ、染めただけで、この後、色止めや仕上げで3回、水の中をくぐらせ、作っていく。

       

      それだけでも日にちがかかる。

       

      それから新しく色名を決める。

       

      そして色言葉、色物語を始める。

       

       

       

       

      17991894_1479097228807722_4861214569672863524_n.jpg  

       

       

       

       

       

       

      途中下車で、exhibitionや販売会をしたいが、やっと色の道筋が見えた時、

       

      日時設定は、今はしないで、句読点を待とうと思う。

       

      早く届けたい。会いたい。そういう思いもいっぱいある。

       

       

      だけど、途中下車をしたら、また、1から始めることになりそうなので、しばし、ごめんなさいをしようと思う。

       

       

       

      17990875_1479097295474382_4080066842892909947_n.jpg  18010261_1479097352141043_2271909626391173965_n.jpg

       

       

       

       

       

      今は、私の色鉛筆の箱をうめる時のように思う。

       

      これから先を描くための色鉛筆の箱を。

       

       

       

       

       

       

      17991843_1479097518807693_2831428649939330262_n.jpg