流・nagare

2017.03.30 Thursday

0

    17630107_1460306237353488_1204670055670368966_n.jpg

     

     

     

     

     

    昨年末、字家の天童大人氏から、「流」の書をumu-wakaのアトリエに置いてはどうかと連絡があった時、

     

    夜空に大きな流れ星が長い尾を携えてアトリエの南西の夜空に弧を描いた。偶然、同時刻に兵庫県に住む友人が、

     

    同じ色の大きく長い流れ星を見たいう、不思議な出来事に、この「書」は私の手元に来るのだと思った。

     

    しかし、この書をお迎えするのは今ではないと感じた。

     

    自身の中で曇りがなくなった時だと思っていた。

     

     

    しかし、いつも絶妙なタイミングでメッセを送るシャーマンな天童さん。

     

    天童さんとは、長いおつきあいになる。

     

    umu-wakaをスタートさせる時から、お世話になっている。絶妙なタイミングで訪れるシャーマンであり

     

    本物の芸術家。日本のサロン芸術の美しい時代の空気を生み出した天童さんは、詩人であり聲の打ち込む尊敬する芸術家。

     

    経歴、エピソードを書きはじめたら終わらない。

     

     

     

     

     

    12733494_1105298632854252_8975167848204149195_n.jpg

     

     

     

     

     

    そして本日は、大安吉日、旧暦の3月3日。

     

    3月3日は、初めて神様が結婚した日。三々九度はここから生まれたと。

     

    そんな目出たい日に、「流」と共に、届いたモノたちが凄すぎてお祝いモードが止まらない。

     

     

     

     

    17629731_1460267040690741_765392330039126054_n.jpg

     

     

     

    一つはこちら。

     

    先日、3月28日は一粒万倍日。お財布を新調するのに良い時に注文したお財布と名刺入れが届いた。

     

    去年購入したばかりのグリーンのお財布は、何か、もうエネルギーが終わったような感じがしていたので

     

    新しいものを探していたら見つけた

     

     

     

     

     

    17626301_1460267037357408_1316782373613054998_n.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    17629731_1460267157357396_8692043417448105484_n.jpg

     

    お誂え染め

    2017.03.23 Thursday

    0

      ここのところ、遠隔のストール選びが続いている。

       

      他にも、アトリエを訪れる方のストールの色選びのプロセスも、新しいニュアンスが加わり新しい流れの中にいると

       

      感じる出来事が多くあります。

       

      その中でも、今回の遠方からのオーダーは、私にとっても特別な染めとなりました。

       

       

       

       

       

      特別な染めとなった新・釈迦誕桃色(しゃかたんももいろ)

       

       

       

       

       

       

      「お誕生日にumu-wakaストールを自身にプレゼントしたい。」

       

       

       

       

      と、

       

      とても遠くに住むエレガントな女性からストールのオーダーを頂いた。

       

      彼女とは、以前、旅の途中で3日間ほど時を共にした。静かで優しい雰囲気のマダムですが、小さなパーティーに合わせて

       

      少し大胆なドレスを異国の地で購入して、高揚して煌めいている姿を思い出す。

       

       

      彼女は、色白で柔らかいニュアンスと共に、内包する熱さを感じる女性。

       

      オーダーのメールを頂いた時、大胆なドレスでキラキラと昂揚して色づく彼女の姿が目に浮かんだ。

       

      そして、彼女の中に内包するターザンのような情熱的な質を、ストールの色でオーガナイズできればと思った。

       

       

       

       

      真太陽色(まてりあいろ)                夏果色(なっかいろ)

       

       

       

       

      私はオーラなのか、エネルギーなのか、私は遠隔でもその人の心色を見ることができるのですが、私は彼女の最近の写真を

       

      送ってもらうことにした。

       

      その時に感じたのは、濃いオレンジ色、真太陽色(マテリア)や、夏果色(なっかいろ)などを送りたいと思った。

       

      彼女の日常生活を想像すると、少し派手で使いづらいかな?なんて思いながらも。

       

      少しばかり疲れて感じた彼女にオレンジのパワーを入れてあげたいと思った。

       

      お誕生日前は、運気の流れが変わるのか、体調を崩したり、メンタル的にきついなぁって思うようなことが起こることは

       

      私も含め、友人知人の流れを見ていてもそう思うことが多い。オーダーを頂いたのは、彼女のお誕生日の3週間ほど前で

       

      したから、彼女も飛躍前のドッカン!!なのかもしれ糸感じた。

       

       

      17353192_1448378978546214_683131227547551889_n.jpg

       

       

       

       

       

       

       

      オレンジ色は、レスキュー隊の洋服の色でもあるように、オレンジ色はショックを緩和する色でもあります。

       

      そして「統合」というテーマもあります。バランスを整える。男性と女性。色んなテーマがあるオレンジ色は、

       

      umu-wakaのストールも、昨年から多くお客様のもとへ嫁ぐことが多い。

       

       

       

       

       

         DSC01860.JPG

       

       

       

       

       

       

       

      彼女に、お薦めの色のストールの写真を何枚か送った。

       

      濃いめのオレンジ、真太陽色、夏果色、oinari-red、夕梦色などと、

       

      オレンジ気味のピンク色である釈迦誕桃色(しゃかたんももいろ)。釈迦誕桃色は、お釈迦様が誕生の「誕」の言葉に

       

      込められた教えをインスピレーションを得て生まれた色。

       

      お誕生日のプレゼントにも良いなと思って。

       

       

       

      彼女からは、濃いオレンジ色は、今、躊躇するとのことで少し時間をおいてみることに。その間に、色んな色のストールの写真を

       

      送った。たくさんの色群を見るうちに、エネルギー活性化するんじゃないかと思って。

       

       

            

       

       

         

       

       

       

       

       

      そして、いくつかのやり取りの中で、釈迦誕桃色を彼女に合わせて、少しオレンジ気味に染めよう。

       

      彼女のお誕生日当日に、私のインスピレーションで染めて欲しいということとなり

       

      お誕生日当日を迎えました。

       

       

      彼女のストールを染める前に、彼女にかけてあげたかったオレンジ色の中の王様の色、oinari-redを染めることにした。

       

      oinari-redは、犬山にある三光稲荷神社さんへ行って、oinari-redという色名をいただきますとお願いをしてから命名した

       

      色のストールです。

       

       

       

       

       

       

       

      ちょうど在庫が切れていたし、地元の睦い神社さんと関わりのある色から染め始めるということは、私にとって神聖な儀式な

       

      ようなもの。三光稲荷神社さんは、猿田彦神社と一緒の社務所で、亡き父がその猿田彦神社さんの改装も手がけたので

       

      関わりの深い神社さんですし。

       

       

       

       

      最近は若い女性にに大人気で、恋愛成就のハートの絵馬はずっと売り切れたまま。

       

       

       

       

       

      さてさて、たっぷりの染料を図り、染め始め。

       

      oinari-redを染めている時に、無情なことも、小さな怒りも吸い込まれていくような感覚がありました。

       

      色んな業が鎮まっていくような。

       

       

       

       

      そう、無情だな。私の中にもあった、その「無情」にさえフォーカスしてくるような。染めの鍋、火にかけた鍋の前に

       

      30分ほど、ストールがムラにならないように、そして絹同士が擦れて白くならないようにと、優しくガラス棒で

       

      操作しながら、湯気の中、鍋と私の空間。とても静かで密封されたような空間であったように感じています。

       

      三光稲荷神社がある犬山城のお山に向けて、朝陽と共に染めたストールを干す。

       

       

       

       

       

       

      それから

       

      釈迦誕桃色の染料を調合して染め始めた。

       

       

      IMG_52972.JPG

       

       

       

       

       

       

      精錬して、まっさらなストール布地を染液に入れると、美味しそうな桃のようなストールになった。

       

      桃は魔除けでもありますね。百(もも)でもあり。

       

       

       

      静かに染め始め、ぬるめの染液の中でゆっくりと時間をくぐらす。

       

      染液を80度ぐらいにあげて20分。

       

       

       

      「女性としての、女生の業が消える。

       

       

      女性ではなく、なんとなく「女生」の業が消える。そんな言葉が染液の中から聞こえたような気がした。

       

      除夜の鐘が鳴って煩悩を浄化するがごとく、するぅ〜っと消えていく。

       

       

       

      釈迦誕桃色の色言葉、人間は母親のお腹の中で育まれ、生まれ落ちた途端、自身で呼吸をし始める最初の苦。

       

      生まれた時から苦が始まっている。そして、人間誰しも平等に訪れる「苦」。苦に執着せず、この世は架空と

       

      思い自由に楽しく生きなさい。

       

      ではあるものの、これからは、苦を苦とさえ感じなくなる。家、苦は訪れない。

       

      なんだかそんな言葉が歌のように聞こえてきたような気がする。

       

       

       

       

      IMG_5390.PNG

      染液の中でフリンジの糸がハート型になっていた

       

       

       

       

       

      そのあとは、

       

      愛情を込め過ぎて重くならないようにと、彼女の幸せを祈り染めた。

       

       

      そして、不思議なことに、どれだけ染めても調合したオレンジ色の成分だけが布に入らなかった。

       

      酢酸を入れて、染めの浴進を促すものの、最後まで、彼女にかけてあげたいと思っていたオレンジ色が

       

      染液の中に残った。

       

       

      透明なオレンジの染液は、もうすでに彼女の統合は約束されたというような気がした。

       

       

       

       

       

       

      17458168_1452863351431110_4346606601607092250_n.jpg

       

       

       

       

      染めたストールを乾かし、数日間寝かせて、色止めをして柔軟仕上げをして完成したストールを迎えると

       

      それはそれは、優しく美しい仕上がり。

       

      とても優しい色なのに、強い力のある生命感を感じた。

       

       

       

       

       

      美しいお誂え染めの時。ありがとうございます。