スポンサーサイト

2018.02.15 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017夏至&新月〜未来の予感

    2017.06.25 Sunday

    0

       

       

       

       

       

      新月、満月前は、いつも染めダッシュモードになる習慣ができているように思う。

       

      新月JUSTの午前11時を前に、昨晩から染めが止まらなくなり完徹で迎えた。

       

      昨晩は、新しいオレンジ系から始まり、ある一つのイエロー、その後は、オーリーブ系を14色染めていた。

       

      明け方、最後に染めた色はサイケな黄緑。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      染めている時に、「走れメロス」となんだか呟いていた。

       

      歩くエレベーターに乗っているように、スムーズに進むというキーワードの黄緑色。

       

      今秋は、紺色、ロイヤルブルーの洋服に、この色のストールを纏いたいと思う。

       

      動かしがたき紺色&ロイヤルブルーのテーマを、新しい次元、リズムの世界へとするりと移行する。

       

      そんなことなのかしら?

       

       

       

       

       

       

       

      そして、この辛子色のようなイエロー。

       

      様々な混乱や雑多に見えるその時から距離感を保ちながら全体像を見る。

       

      地に足をつけたイエロー。

       

      これからの時期に必要な色だなと思うので、染める枚数を増やそうと思っている。

       

       

       

      しかし、眠気が襲いながら、ほぼ左脳の動きゼロで染めているときは、不思議な言葉や物語が、

       

      脳内でメリーゴーランドする。

       

      色名、色言葉を具体化するには、暫し先になるかしら。

       

       

       

       

       

       

       

      オリーブだけで

       

      こんなに染めたので、色名や色言葉をダウンロードするには時間がかかりそうだ。

       

      しかし、秋はまた、Exhibitionを再開したいと思っているし

       

       

      ダウンロードするシーズンが楽しみでもある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      さて

       

      夏至、新月を、一つの句読点として目指してきたこの2ヶ月。

       

      昨晩のロングラン、トライアスロンのような染めを終えて迎えた新月開け。

       

      ふと見渡すと、これから先の人生家具の配置が、区分けされ着地しているように感じた。

       

      2年半前に越してきて、実際のアトリエのレイアウトがこんな風になるとは想像もしていなかった。

       

      まさかベランダに簡易シンクを配置し、文明進化を取り入れて物干しを駆使して、

       

      135cm幅のストールが16枚も、干せるようになっている。

       

      風水、間取り、、、、人生デザインとシンクロするね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      染めレシピノートの分厚くなったきた。

       

      2017年夏至明けの新月に生まれた色は、この先を予感させるようだった。

       

       

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2018.02.15 Thursday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL