スポンサーサイト

2018.02.15 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    髪を切りました

    2017.05.31 Wednesday

    0

      スクリーンショット 2017-05-31 5.22.04.png

       

       

       

       

      2週間前に、髪をベリーショートにしました。 勢い的には、坊主にしてもOKぐらいな気分で5年ぶりの美容院。

       

      美人さんを作るお仕事をしているのに、私は、美容院へ行く時間があったら鍼灸治療院、整体を優先していた。

       

      なので意気込みが違っていた。もう、後ろ髪を引かれる髪の毛もなくスッキリです。

       

      髪は、人の感情を感知するアンテナのようなもので、また、自身のエネルギーを守るものでもあると聞いていたが

       

      確かに、その感じ方も変わったような感じもする。古い背後にあるものを一新。幕を閉じる。

       

       

       

      急激に切ると毛根がびっくりすると聞いていたが、確かに、毛細血管が蠢いているようなジワジワ、トクトク

       

      不思議な動きが頭皮にあった先週。もしや脳梗塞の前触れかと思うほど、地肌が波打っていたが、

       

      気づくと2cmほど髪は伸びている。人間ってすごい。私とは別の生き物の髪の毛1本1本の存在を認知したような

       

      私という身体の宇宙。

       

       

       

       

      18557284_1509199579130820_5412160218902360827_n.jpg

       

       

       

      美容室を出て、車に乗るとバックミラーには見知らぬ私がいた、あの不思議な感覚は生まれ変わったような

       

      新しい私と出会ったような感じがした。

       

      ベリーショートにしたら、ちょっとオシャレをしたくなる。

       

      そして、きちんとメイクをしないと、ただのオバさんになってしまう。

       

      ベリーショートは、体力と気力が必要でもある。

       

       

       

      その足でショッピングに出かけ、新しいチークと洋服を買いに出かけた。

       

      ブティックのフィッティングの鏡に写る私は、若返ったというよりか貫禄が出たようにも感じた。

       

      モードなお洋服を着た私は、なんだか美容室3軒ほど経営しているマダムのようにさえ見えた。

       

      これはダイエットもして、恐ろしいほどの貫禄を払拭したい。などと独り言を言いながら1日は

       

      ちょっと疲れたので、コーヒーを飲んで休息してから運転をして帰ろうと喫茶店に入った。

       

       

       

       

      18447268_1508043499246428_2255648691230570758_n.jpg

       

       

       

       

      隣の席の若い女子たちが、「HAPPY BIRTHDAY TO YOU〜♪」

       

      と、合唱をしはじめた。目があったので、「おめでとうございます。」と言って一緒にお祝いをした。

       

      なんだか、この偶然が嬉しくて、気分良く車を運転して帰った。

       

       

       

      髪を切って2週間。

       

      そして今日は5月31日。明日は6月。カレンダーをめくる日。今年も半分過ぎようとしている。

       

      どれくらい変化したのかな。

       

      日常は相変わらずだけれど、内側は大きな変容が落ち着いたように感じる。

       

       

       

      心地良い暮らし方を

       

      もう一度、イメージして、さらさらと進みたい。

       

      もう引かれる後ろ髪はないのだしね。

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2018.02.15 Thursday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL