スポンサーサイト

2018.02.15 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    クリスタル・スペクトル詣(もうで)

    2017.03.14 Tuesday

    0

      吉岡徳仁 スペクトル@資生堂ギャラリー https://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/

       

       

       

       

      日本全国各地の様々な色の泥を染めたいと、研究&探求&実験な日々は、グーグルマップで地図を検索していても、その土地の

       

      土の色が気になり、インターネットの画面は全国土ツアーとなっていた。そしてその流れから、お化粧、白粉(おしろい)

       

      の探求&歴史へと。。。そんな日々が続いていた中、友人がアメリカ・ツーソンで買い付けたクリスタル、ミネラルのコレクション

       

      を開催するとのことで上京した先月。

       

      ポーラギャラリー、資生堂ギャラリーで開催されていたインスタレーションへも足を運んだ。

       

       

       

       

       

      IMG_50774.jpg IMG_50764.jpg IMG_50754.jpg

       

       

       

       

       

       

      友人のミネラルコレクションから始まり、ポーラギャラリーでのガラスのインスタレーション、資生堂ギャラリーの

       

      スペクトルのインスタレーション、そして七色白粉collectionと訪れた4箇所が、全て自身の中で観ていたものと

       

      シンクロして、まるでトータルコーディネートされたような流れだった。

       

      まるでクリスタル・スペクトル神社に、詣でて来たような。

       

      クリスタル・スペクトル詣(もうで)の後は、染め三昧。気づくと日付をまたいで2日間ぶっ通しで染めていることもある。

       

      なので、現在はアトリエが染めたばかりのストールで、光のスペクトルのようになっている。

       

       

       

       

       

       

       

      スクリーンショット 2017-02-26 2.49.30.jpg

      IMG_5115.jpg スクリーンショット 2017-02-26 2.49.52.png

      unica→ http://unica.link

       

       

       

       

       

      長い時の中で結晶化した美しい色や形。想像を超えるその時の中の物語が、手が届かない場所で色や光となって存在する

       

      鉱物たち。これ以上の芸術はないよ。と。自然のままのクリスタルやゴールデンカルサイト、瑪瑙などなど

       

      色の言葉の通訳人として幾つかの石を迎えた。

       

       

       

       

       

        IMG_50593.JPG IMG_5064.JPG    

      https://www.hexaproject.com/portfolio/mika_aoki/

       

       

       

       

       

       

      ポーラギャラリーでは、ガラス作家・青木 美歌 「あなたに続く森」のインスタレーション。

       

      菌類、ウィルス、細胞等、ガラスで製作されたモチーフたち。

       

       

       

       

       

       IMG_50622.JPG

       

       

       

       

      そのガラスのモチーフたちが、私の細胞やDNAに問いかける。

       

      太古からすでにある自身のDNA、そして未来へと根を伸ばそうとする私の細胞。

       

      その触手を伸ばし未来を創造していた。

       

       

       

       

      いつか、この日の景色を、私のDNAは思い出すのだろうか?

       

      そんな予感と覚悟の中、銀座の雑踏の中、資生堂ギャラリーへと向かう。

       

       

       

       

       

       

       

       

      吉岡徳仁・スペクトル@銀座資生堂ギャラリー

       

          

       

       

       

       

      その後資生堂ギャラリーにて「スペクトル・吉岡徳仁」インスタレーションへと。作品の椅子に座って、スペクトルの光を

       

      感じる。今までの作品の流れの動画を見る。繊維樹脂を結晶化せ作品作りをする光景とともに、私の脳内にも結晶が伸びる

       

      ようだった。クリスタル・結晶・光、何か全てが繋がっているようだった。

       

       

       

       

      光/白粉/アール・デコ1917-2017

           

       

       

       

      資生堂ギャラリー近くにある資生堂銀座ビルで開催されていた、七色白粉百周年記念の展示会を偶然に知り訪れた。

       

      ここのところ白粉の歴史を調べていただけに、まるで用意されていたような流れに感激する。

       

       

       

       

       

       

       

      IMG_5115.jpg

       

       

       

      このクリスタル・スペクトル詣となったこの日は、まるで未来の地図のようにも感じる。

       

      umu-waka第二創業時を迎え、私自身が惹かれる、いえ、夢遊病者のごとく憑かれるように進む場所やコトが点となり

       

      その点が広がり、繋がり、未来へと進む。

       

       

      unicaの友恵ちゃんが買い付けたゴールデンカルサイトは、染めナビゲーションお守りとして染め場におきました。

       

       

       

       

          

       

       

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2018.02.15 Thursday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL