人生Holiday〜純粋な魂の結晶を造っていくこと

2017.02.07 Tuesday

0

    IMG_0613.JPG

     

     

     

     

     

    冬の寒さの合間の太陽が水面に煌る暖かな日には、毎年、この時期にはたくさん写真を撮っているようで。

     

    立春は過ぎたものの、朝晩の冷えはまだ強く、霜も降りる。

     

     

     

     

     

    IMG_0610.JPG

     

     

     

     

     

     

    だからこそ、

     

    この昼の束の間の時にみるこの輝きに感動する。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    今日は暖かなのに

     

     

    風に乗って、遠くから雪粒が運ばれ、

     

     

    雪虫のように遊んでいる。

     

     

     

     

     

    IMG_0614.JPG

     

     

     

     


    きらきら輝く川面を風が遊んでいるように、

     

     

    あちらの川面、こちらの川面に描き、

     

     

    音楽のセッションをしているようにも感じられる。

     

     

     

     

    IMG_0611.jpg

     

     

     

     

     

    50歳を越えて3年目。

     

    ここへ越してきて3年目。

     

     

     

    風に乗ってやってくる雪粒をみながら思う。

     

    20代、30代、40代と激しく働いてきたと思う。

     

     

    ずっとクリエイターで、肉体労働で、時間の隙間なく動いてきた。

     

    仕事をすることが正義と。

     

     

    動いていないと、働いていないと非国民(笑)ぐらいに思って自分を責めたり反省したり。

     

    でも、敦盛のように人生50年の時代と思うと、これからの50歳からの人生は

     

    Holidayで良いのかな。と。

     

     

     

     

    IMG_0612.JPG

     

     

     

     

    自分を大切にするとか、自分を愛するって呪文のように唱えたって若く肉体が脳が動く頃には

     

    とても難しいことのように思う。

     

     

     

    身体に脂肪がついて、視力が今までのように見なくなって、今までのように動くことができなくなるのは

     

    自分をいたわること、

     

    そして自分視点になりなさい。ってことなのかなと思ったりする。

     

    自分に余裕がなくたって、相手視線で見ると、動かなくてはいけないって思って無理をする。

     

    限られた時間と肉体的エネルギー。

     

     

    そのしわ寄せの中で、疲労困憊して大切な1日1日を描くことはもうしたくないなと、やっと思うようになった。

     

     

    誰かのため、生活のため、お金のためとか、生真面目勤労セオリー。いらないな。

     

    やっとそんな手放しができたら、

     

    体が緩んだ。

     

     

    呼び水があるからこそ、そんな案件がやってくるんだと思ったりもして。

     

     

     

    IMG_0615.JPG

     

     

     

     

    53歳の誕生日を迎え

     

    これからは人生Holidayって過ごそうと思う。

     

     

    家の家事だって、人生Holidayだったら

     

    コンドミニアムで休暇を過ごし中の楽しい家事になる。

     

     

    生活の合間に、心を豊かに過ごす時間に、好きな色を染め描く。

     

    仕事じゃなくて、仕事でもあるけれど、

     

    仕事だから、と言うわけではないけれど、自分の美学の中でのものづくり。

     

     

    そう自分の美学の中でのものづくり。

     

    なんちゃってでは気持ち悪いから、自分の美学の中で極のものづくりを続ける。

     

     

     

    妥協とかそんなじゃなく、自身の美学。

     

     

     

    自身の美学の中で物作りをする。

     

    誰かのために、何かのためにの美学はエゴだったのかもしれないなと振り返る。

     

     

     

     

     

     

     

    美しい宝石のように

     

    純度を高めていこう。

     

     

    自身の魂の純粋な結晶を作っていこうと思う。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL