節目の祝いは大切なこと

2016.12.04 Sunday

0

    15253500_1334131069971006_4253386271166041221_n.jpg

     

     

     

     

     

    人間って面白いな。

     

    人間って本当にクリエイティブだな。

     

     

     

    15241881_1333938556656924_7251539564663534962_n.jpg

    15253549_1333938659990247_995488304688688714_n.jpg

    15319225_1333970146653765_5788037213459445535_n.jpg

     

     

     

     

     

    今日はJOYWOW、10周年パーティ@横浜マリンタワー

     

     

     

    JOYWOW創業の時第一号のコンサルタントになった私。

     

     

     

    その後umu-waka立ち上げ、ドン底も、人生ドンピンチの時も共に、

     

     

    会長のYukariさん、社長のKeiちゃん先生に支えられ、

     

     

    一緒に時を越えてきたようで、

     

     

     

    挨拶をしながら私が涙。

     

     

    なんでやねん。

     

     

     

     

     

    15230744_1333938623323584_8421652781645690255_n.jpg

     

     

     

     

     

    そして当時のコンサル仲間とも久々の再会。

     

     

    みーんな、みーんな、

     

     

     

     

    色んな景色、山、いえ、火山噴火、洪水のような日々も越え

     

     

    豊かになっての再会。

     

     

     

     

     

     

     

     

    コンサルタントのZONO(左)の歌声を聴きながら

     

     

    いろんな時の経の豊かさを辿った。

     

     

     

     

    人間って良いな。

     

    豊かだな。って。

     

     

    その姿の奥を感じて嬉しく、

     

     

    これからの未来の豊かさが楽しみになった。

     

     

     

     

    15338730_1333955619988551_7079771302156663233_n.jpg

     

     

     

     

     

    窓の外の街路樹の銀杏並木が、

     

     

     

    それぞれの樹々が稔り合うように、それぞれの並木が嬉しかった。

     

     

     

     

     

     

     

    会社が10年、活き続け、

     

     

    関わる人々の人生も色づかせるJOYWOW。

     

     

    何てクリエイティブなんだろうと。

     

     

     

     

     

     

    IMG_1692.JPG

     

     

     

     

     

    パーティーを終えてホテルの部屋へ戻ると

     

     

    懐かしい景色に

     

     

    また自身の「経」をとっぷりと振り返る。

     

     

     

     

     

     

     

     

    8年前の、人生の一つの節目

     

     

    今までの仕事を全て辞めて、コンサルティングを始めた頃

     

     

    あの頃は、この海沿いの通りに

     

     

    横浜開港150周年のタペストリーが街に、風にはためいていた。

     

     

     

     

     

     

     

    今と同じ景色を見ながら

     

     

    夜の冷たい潮風と街風を受けながらホテルまで歩いたときは

     

     

    心も体もシャーベットのように、冷たくてカチコチだった。

     

     

     

    これから訪れる何かを予感していたのかなぁ。

     

     

    真っ只中で、吹きすさぶ風に目の前が、何も見えなかったのかな。

     

     

    目の前に温かな手があるのに気がつかず、一人で凍えていたんだな。

     

     

     

     

     

     

     

     

    今日は同じ景色を見ても、銀杏並木さえ、パレードのように見える。

     

     

     

    1サイクルが過ぎたこと。

     

     

     

    そして、今はいっぱいたくさん、温かいがあることに感謝だった。

     

     

     

    15230832_1334673246583455_5733861831978294897_n.jpg

     

     

     

     

    次の日は、爽やかな空だった。

     

     

    開港158周年の文字に、あれから8年、経ったんだと、また朝から心に沁みる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もうこうなったら徹底的に過去を、後ろをふり向こう。

     

     

    後ろを振り向くことで

     

     

    今が理解できるとKeiちゃん先生も言っていたし。

     

     

     

    なんて思いながら、横浜ニューグランドのカフェ。

     

     

    もっともっと若い頃の色々まで思い出し、

     

     

    つらつらつら。。。

     

     

    ポットに入った2杯目のカフェオレも足りないほどだった。

     

     

     

     

     

     

    15327274_1334919906558789_8665930040524966405_n.jpg

     

     

     

     

     

     

     

    マリンタワーの招待券もあったので

     

     

    初めてマリンタワーに登った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    展望台から

     

     

    JOYWOWオフィスへと続く長い坂が見えた。

     

     

     

    この坂を、急勾配なこの坂を

     

     

    大きな赤いスーツケースを引いて登った。

     

     

    汗をかいて、筋肉痛になりながら

     

     

    重い、重すぎるスーツケースを、3階まで階段で上がったなと。

     

     

    肉体に刻み込んだような、それまでも思い出した。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なんて思い出しながらfacebookを開くと

     

    その大きな赤いスーツケースの写真が登場。

     

     

     

     

    何だろうね。

     

    この仕組まれたようなシナリオ。

     

     

     

    JOYWOWの社長でありコンサルタントのKeiちゃん先生の投稿に

     

    また、うなづく。

     

     

    節目は大切だな。

     

    さて前を向いて

     

    次の駅に行こう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL