眩しい光の先に自由を観る。自由のための巣作り。

2016.08.31 Wednesday

0

    CIMG4607.JPG

    左:瑆色(さいいろ)群のグレーは自由を。
    右:枯淡桜茶色(こたんおうちゃいろ)群は、受け容れ見送り愛をつなぐ。

     

     

     

     

    台風一過。

     

    空は、さらに高くなり、つい先日までの蒸せ返るような暑さの日々なんて、すっかり忘れたかのよう。

     

    透明感のある空気を吸い込むと、先の自由を知らせを感じる。

     

     

     

     

    暑い夏の休養が終わり、その眠っていた時が、もうずいぶん前のことのように感じながら

     

    アトリエを大きくレイアウト変更し始めた。

     

    今回は、私の自分のためのレイアウト変更。

     

    心地よい暮らしがあって、はじめて美しい色を生み出すことができる。

     

     

    生き方、暮らし方、人生と関連する風水間取り。

     

    節目を感じ、フィットしない今の間取りを変えないと仕事にも集中ができないし

     

    心地よく暮らせない。自身の心がフィットする間取りを、なぞっていくと

     

    自身の未来も見えるのであろう。

     

     

     

    実家も水道の漏水があり、水道管工事が家の中までに及ぶので、同時に断捨離さん。

     

    昨年、二十数年ぶりに実家への引越し&アトリエも盛大に引越ししたものの、リノベーションを控えての

     

    引越しだったので、どちらも「仮住まい仕様」。荷物をとりあえず入れて、仕事やケアの合間をぬっての

     

    パズルな住まいとアトリエ。家族の具合が悪くなりリノベーションも延期になったのですが、

     

    今年来年が私の大殺界なので、家を建てるとかリノベとかできない運気なので、開き直ってゆっくりと

     

    未来の人生を描こうと。そのためのお掃除とお勉強探求期間にしようと。

     

     

     

    しかしながら

     

    今月初めの決断と、体調を崩していなかったら、このスタートへの準備が始められなかったんだなぁと

     

    思うと不思議なもんだなあと思う。

     

    全ては流れのまま。

     

     

     

    今の季節の移ろいを見送り、受け容れ、受け容れる。

     

    秋の眩しい空の先に、遠くの自由を観る。

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
      コメント
      ■コメント欄ではおひさ〜。

       このエントリー、
       ちこっとブログに引用させてもらいまっす〜
      • by yuji
      • 2016/08/31 10:03 PM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL