私に与えられた時間、生命力をumu-wakaの色作り、その一色一色に注ぎ、日本伝統文化・大島紬を今に蘇らせ後世に残すお仕事を充実させていきたいと思っております。

2014.11.07 Friday

0





    2014年は私事で忙しくしていたので、



    Exhibitionをお休みしておりました。秋の風を感じ始めた頃、



    少し年末には余裕ができるかもしれないと、



    ゆったりモードでストールを見せる機会を作りましょうと、



    東京のExhibitionの開催を決めたのに、



    全力投球物作りをしている。



    全てが全力投球になってしまう私です。




    ストールの色の御見立ても、



    私の場合セッションと同じことをしています。



    なのでExhibitionの時はセッションセッション。




    自身のエネルギーも枯渇で体調を整えるまで



    いつも時間を要しておりましたので、



    今後、Exhibitionのスタイルも変えようと思っていました。





    そして


    今後は、御見立てコンサルを別口でメニューに加えようと思っています。





    しかし、人がストールの色によって変化して行く様を見る事は醍醐味で、



    それは、私だけでなく、umu-wakaを愛してくださる方々の



    醍醐味でもありますので、たくさんの人数で、



    ワークショップスタイルの日をもうけたいと考えております。





    ワークショップの開催は、色の事も、知識だけでなく、



    目の前で色を感じ、心に入れること



    日常の中に色を感じながら、



    自身で事象を読み編集しながら、自身の足で人生を描いていくこと



    そして自身を嘘偽りなくインフォ。



    これが本当のカラー・ブランディングです。



    来年は、こんなことを考えています。






    私に与えられた時間、生命力をumu-wakaの色作り、


    その一色一色に注ぎ、


    日本伝統文化・大島紬を今に蘇らせ後世に残すお仕事を


    充実させていきたいと思っております。 






    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL