毎年暮れに届く父の言葉〜☆

2012.12.30 Sunday

0
    年も暮れ


    12月27日は父の命日でした。


    18回忌です。






    ☆〜私の唯一の親孝行〜大工の棟梁人形を供えたことかな...☆









    「真由美なぁ〜

      仕事ばっかりしていると

        人生〜終わっちゃうぞ〜!」






    病床でも、釘が...とかずっと仕事を気にしていた父が

    私に残した言葉です。





    年の暮れ〜

    その年を振返る時と合わせて




    父の命日を迎え、

    毎年、毎年、この言葉に自問自答する。














    父は

    大工の棟梁、自宅隣の工場から

    いつも材木の香りを携えて、

    晩酌。




    母は、


    自宅で婦人服のオーダーメイドのサロンを営み


    夕食後の、くつろぎタイムにも


    街の奇麗な奥様が


    仮縫いに来られたり


    深夜遅くまで縫い物をしていた。









    ☆〜洋服職人の母から受け継いだトルソー〜☆






    人生のずみずみが

    お仕事だった

    父と母を見て育ったわけですから




    ははは

    私の人生も

    すみずみまで

    お仕事ですよ。



    大好きな仕事ですからね〜。



    今年の暮れは

    そんな風に言葉をかけるのでした。








     
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2012/12/30 11:05 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • by -
    • 2012/12/30 8:06 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL