仄紅色・honobeni-iroの中に

2015.10.30 Friday

0

    韓紅香色(からくれないこういろ)の気配を染めた仄紅色(ほのべにいろ)






    カレンダーをめくれば、あと2枚になるなぁ。

    秋本番から、冬へと向かっている。

    けれど、うっすらと私は、来春の色を思う。




    体調が戻りつつあるので

    アトリエに行き、ストール達と遊ぶ。

    来春は、春節から伊勢丹新宿でumu-wakaのストールフェアが

    待っている。

    3年前にもオファーがあったようだが、私は笑顔でやんわりと

    断ったらしい。担当者の方から聞いて驚いた。

    自信がなかったのだろうか?わたし?


    それにしても、東の横綱を断るとは、私も横綱級の大物だ(笑)

    長いメールが届き、再度のオファーに感謝感謝。

    久しぶりのデパートでのイベント。

    それも東の横綱、伊勢丹新宿店。


    どんな風に色作りをしようか?

    そんな風に描こうか?


    久しぶりのデパート。





    伊勢丹新宿店・1Fストール売り場のこの場所がumu-waka色になる来春
    2月10日(水)〜2月16日(火)






    私は、20歳の時からデコレーター(ディスプレイコーディネーター)を

    umu-wakaを始めるまでの間、22年間、現役で頑張ってきた。

    デパート、ブティック、ショーウインドウ、レストラン、ホテル、

    アパレルメーカーの展示会。衣食住すべての業種の設営のディスプレイから

    プランまで数々手がけてきた。



    あの頃は、今ごろ、クリスマスディスプレイのオブジェを仕込みながら

    春夏の洋服の展示会のディスプレイで忙しくしていただろう。



    春夏の展示会ということは、もっと前に春夏のお洋服や小物のデザインや

    企画は終わっている業界。

    umu-wakaもストールなのでファッションアイテムです。

    けれど、流行色だとか、商業デザインを無視して

    色作りをしているので、

    私の心と体が、その季節の色の粒子を感じ始めないと

    色も、色物語もデザインも何もかも生み出さない。

    自然のながれのまま。

    待つしかない。






    IMGP0729.JPG




    何か

    今回の体調崩しは、

    色んな、ほんとに色んな、細胞、DNA、髄液レベルまでの浄化だったよう

    に感じます。





    IMGP0929.JPG
    CIMG0910.JPG
    IMGP0930.JPG




     
    ストールを染める前も、布地の精錬(せいれん)作業の行程は、
     
    たっぷり時間と水を使います。

    ストール布地の製造過程で使用された糊、

     
    油や汚れを徹底的に落とします。
     
    そうしないと、色むらが出たり、

    色の力が変わってきますから。






    CIMG3562.JPG
    仄紅色・honobeni-iro






    少しずつ体調が戻ってくると同時に
     
    時の先に
     
    来春のumu-waka色を感じられるようになりました。
     
    まだ靄がかかっているような感じですが
     
    何だか、空中に春色の分子が振って来ているような
     
    その分子たちが、私の肉体に入り
     
    少しずつ積もっていくと
     
    新しい春色の景色が見えてくる。
     
    今、その靄の色や
     
    空中に、粉雪かチリのように降り注ぐ、その分子の色が
     
    観えます。




     
    その色は仄紅色(ほのべにいろ)
     
    韓紅香色(からくれないこういろ)の気配を染めた色です。
     
    新しい時代の本能の在処を染めた仄紅色。




    CIMG3576.JPG

    CIMG3566.JPG
    韓紅香色・karakurenaikou-iro




    韓紅香色は、人生の移行をサポートする色として染め生まれた色です。

    新しい場所や、新しいステージに立つ。

    自身の決断で新しい環境、慣れない場所で

    不安や郷愁にかられても、

    その場所で生きて行くという想いが光り

    はかなげだけど、生命力溢れる赤が染めたいと思い、

    生多良と問答して染めた色です。



    その韓紅香色の気配の色、仄紅色を

    先の時に、仄(ほのか)に感じるなんてね。

    地球のニュアンスも、ますますこれから素敵に変わるようですし

    移行の気配の仄紅色。

    楽しみです。



    自分でも驚きました。

    新しい場所へと〜。

    まいりましょ。

    まいりましょ。





     
    1