綺羅紅色・kirabeni-iro

2015.08.21 Friday

0



    今回の染めで

    最初に染めた色が「綺羅紅色・きらべにいろ」です。



    20歳の誕生日の時にプレゼントをされたCHANELの深紅の口紅。

    定番のルージュ・ココのみずみずしい透明感のあるタイプではなくて

    ボディー本体もスリムサイズで、ルージュアリュールの初期タイプだった

    のだろうと思うのですが、こっくり濃くて、唇に乗せると、パッと発色する

    深みのある、美しすぎる「深紅」という名がピッタリの口紅でした。


    金色の細い入り口から、その深紅の口紅を紅筆でとる。

    20歳の私には、まだ知らぬ大人の女性の世界。

    あの深紅の口紅。大事に大事に使っていたので、使い切る直前の状態で

    大切にしまっておいた。最後に確認したのは5年ぐらい前かな。





    その「深紅」を染めたいと、

    生多良に話すのですが、焼酎には詳しいが、そのCHANELとか

    女性の秘密の魅惑の扉の先は、生多良にとっては宇宙の果てのお話。







    その色の口紅をつけると、

    どんな女性も、心の中は、こんな女性になったような気分になるの。

    女性を謳歌する。

    たとえ、太っちゃったり、日常が潤ってなくても、

    この色を纏うと、誰もが、ヨーロッパの女優。

    ハリウッドの女優はなくて、ヨーロッパの女優になるイメージ。

    と。たくさんお話をした。






    綺羅紅色。kirabeni-iro

    あの時の20歳の誕生日にプレゼントされたCHANELの深紅の口紅。

    黒いキャップを取って、ゴールドの縁から深紅の口紅を取る。

    唇の上にのせると、ぱっと発色する。

    しっかりと唇にまとわり、唇が憧れの大人女性になる。


    綺羅紅色は、纏うと、内側に大切にしまってある

    私という女性が綺羅綺羅と輝き、発光する。



    さて

    じきに迫ったumu-waka Exhibition 在処・arika

    綺羅紅色を纏った方から何を感じるのでしょう。

    お会いできる日を楽しみにしています。

    2015DM2omote400.gif








     
    1