海の産物にいやされて....。

2014.06.19 Thursday

0
    最近、愛してやまない南洋真珠の芥子(けし)のリング






    umu-wakaを、始めてからでしょうか?


    ストーンよりも、海の産物に惹かれるようになりました。







    お部屋の浄化には


    奄美大島の浜で拾った珊瑚礁。



    珊瑚は、気泡があるのでアロマオイルを垂らせば


    香りが拡散するので、出張にも同伴。


    滞在先のホテルの部屋のお共となっております。





    泥染大島紬、龍郷柄のバッグと夜光貝





    そして


    こちらは夜光貝。


    この夜光貝は、奄美や琉球では食用としても美味しい逸品ですが


    この貝から、指輪やアクセサリーなども

     
    作られています。






    そんなこんなで


    しばらくは、夜光貝の指輪やピアスなどを


    身につけていた私ですが


    ここのところ


    真珠に惹かれてたまらない状況となり


    それも


    南洋真珠。





    南洋真珠のナチュラルゴールドのピアス








    奄美大島でも南洋真珠やマベパールというものが


    産物で有名なのですが


    大島紬誕生地、奄美大島の海の産物だからという理由だけでなく


    好きで好きでたまらなくなっております。



    そして


    このバロックタイプ(完璧な丸い形ではないもの)や


    芥子真珠という、貝の中にたまたま入った異物に


    真珠が巻いた自然のアートのようなタイプのもの



    バロック&芥子の南洋真珠に惹かれすぎる私となり


    これは


    きっと何か意味があるような気がして


    今の私のエネルギーや、古くからつながっている何かと


    関係しているようなドラマティックな思いとなり


    しばし、真珠病の自分を泳がせておりました。



    南洋真珠ゴールド、芥子真珠



    そうそう、南洋真珠の色は


    白だけでなく、ピンクやグレー、グリーン、


    そして、こういったゴール系のものもあるのですが、




    不思議と日々の状況が変化していく中


    自身の心の具合によって


    ナチュラルゴールドが似合うとき


    濃い、まるで金のようなニュアンスの南洋真珠が


    似合う時と日々変化いたします。


    まるでumu-wakaのストールの色が


    心の状態を写し出すように


    自身にフィットする真珠の色合いが変化していくのです。









    こちらの写真は


    14年前、ウエディングドレスのブランド立ち上げの仕事を


    していた時に、フィリピン、セブ島で仕入れた


    バロックパールのルースです。


    白、グレー、ピンクとずっと、しまったままであった


    このルースを先日、取り出し眺めていると


    それはそれは心地よく


    まるで海の涙のようで、心に優しく寄り添うのです。



    こうしたバロックパールや、芥子パールのニュアンスが


    とてもumu-wakaの優しさと変容させるニュアンスが


    同じなので、









    来年を目指して


    ストール用のアクセサリーや


    帯留めを制作しようと思っております。





    私自身も、今、大きな人生の変容の時で


    そんな最中、


    この真珠たちの優しさと強さに助けられています。







    1