umu-wakaは日本の職人さんたちに担がれた御神輿ですね〜。1

2014.01.31 Friday

0
     





    umu-wakaのストールの布地は、


    こんな雪深い郷で織られています。



    大島紬の軽くて温かいニュアンスを表現するのは、


    ここのオヤジさん所のものしかない!と


    6年前からのおつき合い。




    オヤジさんとこの年季が入った秤。今も現役の秤です。






    出会いは、東京ビッグサイトで開催された


    テキスタイルショー。起業が大きなブースで


    「どうだい!かっこいいだろう!!」なんて雰囲気で


    アピールしているのとは別に、小さな複合ブースで


    商品の陳列台の上は、ぐちゃぐちゃのまま、


    オヤジさんは、立っていたけれど、


    ここの布だけは、生きているように感じた。






    大きな起業のブースは、嘘くさくて


    オーガニックコットンだの、植物染めといっても、


    化学臭が漂っている。化学が悪いわけでもないのに


    キャッチコピーのみの嘘くささ、和紙の布だの、


    日本のうんぬんかんたら〜っと語っているが


    全てが嘘くさくてウンザリしていた中で


    ぐっちゃぐっちゃの中でも「生きている!」ニュアンスと


    「嘘がない!!!ここの布は!!!」と感じた。





    オヤジさんと話していると、


    私が大好きなセレクトショップに置いてあるブランドの


    作家さんが、やって来てオヤジさんに100枚注文していた。


    うわ!うち、100枚も仕入れられない…。


    でした。が。




    全ての日本の手作業です。1枚1枚布の表面を仕上げます。







    古くからの絹織物産地にあるオヤジさんの工場。



    先祖代々受け継がれた織物を!と!!!



    海外からの織物にやられ、回りが会社をたたんでも、



    大きな借金を抱えても「日本の良いものを」と



    探求と開発と正直な物を追求し、有名ブランドのものも



    制作しているオヤジさん。





    私は、最初の頃、ビビりながら少量、発注していました。


    「wakaさん、何も聞いてないけれど違ったらゴメンネ。


     一人で大変でしょ。



     うちを倉庫と思って1本から注文してもOKだよ。


     そして、支払いはお金ができてからで良いよ!」






    と、次の日、100万円分のストール布地が届いた。






    この数年、その言葉に甘えて、


    『ツケ」で少しずつ返済しながらオーダーをしてきた。


    今回、払い終わり。




    2年がかりで開発した極細繊維の麻の織物






    昨日、オヤジさんから電話がありました。



    「wakaさん、今、わし、ニューヨーク。


     ニューヨークからも発注がきたよ!




     これからの時代は、正直な物を作ってきた


     我々の時代よ!


     わしも、やっと父親の時代からの借金も


     半分返せてね〜」と。






    そして、昨日の電話で初めて知ったのですが



    私に声をかけて下さった時は、五千万円の返済を抱えて


    いた最中だったことを知りました。



    この数年、ずっと、うちの「ツケ」を見守りながら….。


    「苦労した者は、わかるからね〜。」と。




    たくさんの日本の職人さんに支えられて


    今のumu-wakaはあります。




    思い出します。



    私が以前、100枚、オーダーをした時



    「wakaさんも、100枚オーダーできるまでになったんだ!!


     嬉しいね!今晩は酒盛りだね!」





    と喜んで下さった。



    私は、育てられたんだね〜。






    1