2013.10.20 Sunday

0

     



    碧時の中に〜

    2013.10.20 Sunday

    0
       








      とてつもなく 長い時間を重ねたような



      とてつもなく 長い長い日々であったような



      とてつもなく 濃い苦悩な時間であったような







      そして とても温かな日溜まりのような時間が



      ゆっくりと流れていたような....



      そして あの時は すぐに今でも手を伸ばせば触れられるような






      そして その時の中に



      まだまだ自分も生きているような.   ...





      それなのに



      それなのに





      今では あの長い時が つかのまで


      瞬間のことであったようにも思う。





      碧時色のなかに........








      碧時色・aotoki-iro〜時の勲章

      2013.10.20 Sunday

      0









        時はしずかに、優しく重なっていく。


        知らず知らず、時は重ね重ね〜




        手探りだった時


        ときめく時


        不安時


        苦悩な時


        悲しみで曇る時


        愛おしさの時


        歓びの時




        幾重にも、幾重にも


        様ざまな時を、


        心の時を重ね重ね




        知らず知らずに変容を視る時。














        暮れゆく海の時


        若しき頃の時を紅う(おもう)


        今しがたな時を紅う(おもう)


        つながるつながりつづける時を紅う(おもう)


        今の時を紅う(おもう)











        碧時色。


        重ねてきた


        重ね重ねな、時の勲章。



        私自身の時の重ねの尊さに誇りを〜


        碧時色があなたの時を誉う。






        1