卒業式のような

2017.01.15 Sunday

0

     

     

     

    今シーズン最大の寒波が用意した雪は降り積もり、帰宅難民となってアトリエ泊。

     

     

    一つの決心がついた私は、その雪が降り積もっていく様子を見守る。

     

     

    静かに降り積もっていく雪は、なんとなく温かく感じられた。

     

     

    明け方、ソファーで眠りにつく。

     

     

     

     

     

     

     

     

    水分を多く含んだ雪は、太陽の光と共に少しずつ溶け始めたが、また視界がモノクロになって

     

     

    雪が降り始めた。

     

     

     

     

     

     

     

    そんな中、少しずつ太陽が始まった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    モノクロの世界に

     

    光の筋が訪れた。

     

     

     

     

    IMG_0478.JPG

     

     

     

     

     

    太陽の光の柱は

     

     

     

    少しずつ視界に緑色が始まった。

     

     

     

     

     

     

    IMG_0474.JPG

     

    IMG_0473.JPG

     

     

     

     

     

     

     

    少し緑色が始まると

     

     

     

    一羽のカモが川面で遊び始めた。

     

     

     

     

     

    IMG_0477.jpg

     

     

     

     

     

     

    雪が、まだまだ降り続く中

     

     

     

     

    太陽の光は強くなり

     

     

    川面に太陽の光の道が始まった。

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0476.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    まるで

     

    卒業式のようだと思った。

     

     

    高校生の時のような卒業式の匂いの温度がした。

     

     

     

     

     

    この陽の道の先を歩きたいと思った。

     

     

     

     

     

     

    IMG_0450.JPG

     

     

     

     

     

     

     

    雪雲だけが

     

     

     

    遠くに残った。

     

     

     

     

    IMG_0480.jpg

     

     

     

     

     

    マイナス40度まで対応するブーツ。

     

    今シーズン最大の寒波の中で、少しだけ活躍した。

     

     

     

    雪の後の太陽で乾かしながら

     

    雪を警戒して出した、マイナス40度対応ブーツを見ながら

     

     

     

     

     

    なんだか一歩、始められるような気がした。

     

     

     

     

     

    豊かだなぁ

    2016.11.23 Wednesday

    0

      15219495_1322491787801601_2234610782501412439_n.jpg

      犬山城の麓の紅葉も日に日に色濃くなります

       

       

       

       

       

       

      11月も終盤。

       

      今月は移動も多く、景色も場面も心も早く過ぎた。

       

      そして、人生の経の旅でもあったような、自身が歩いてきた「経」を映画を見るように

       

      観じて見るような時だった。

       

       

       

      時が、自分が3D以上に

       

      パラレルワールドのような。

       

       

      本当に映画のようだった。

       

       

       

      倍速のような時の流れの速さの中に

       

      時の価値観、未来の時の感触が変わることを感じる。

       

       

       

       

       

       

      15179040_1322491791134934_8434612168270499048_n.jpg

       

       

       

       

       

      自身を焼き尽くすが如く、突き進んできた半生。

       

      探求、探求、フルスロットル。

       

       

      そのfull throttleには、意味があったんだなぁと。

       

       

       

       

      そして抗えない運命の道しるべ。

       

      ほっと前世を振り返るような11月だった。

       

       

      今日は、full throttleで、探求に走る足を止めて休息の日にした。

       

      アトリエの部屋の中から外を見ると

       

      圧巻の景色。

       

      奇跡のような景色に感謝で立ち止まる。

       

       

       

       

      IMG_3676.JPG

       

       

       

       

       

      アトリエの隣のお宅から

       

      実家で頂いたからと、朝採れの大根と枝付きの柚子のお裾分けを頂いた。

       

      豊かだぁ。

       

       

      昨年まで住んでいた名古屋の東区の閑静な住宅街での

       

      心温まるお付き合いも懐かしいが、なんだろう?自然が介入するこの土地での豊かさは

       

      また広がりが違うような気がする。

       

       

       

       

      「私は病院でのお薬を、一つも飲んでいないのよ!」と友人たちに自慢をする母。

       

      いろんな病院でたくさんの薬を処方されて、全部飲んでいた母が、多量投与で

       

      薬害で腎臓を痛め生死をさまよった5年前。

       

      この数年、薬断地、医者依存を卒業させるために、必死だったこの5年。

       

       

       

       

       

      「私は病院でのお薬を、一つも飲んでいないのよ!」

       

      今日は、母が友人たちにこう言って自慢をするその言葉を聞き

       

      安堵の中にいる。

       

       

       

       

      シンボリックな祝福

      2016.10.21 Friday

      0

         

        IMG_3137.JPG

         

         

         

         

         

        お客様の色の御見立て。

         

         

        色とテーマがリンクした時に

         

         

        祝福するがごとく

         

         

        外の景色が、シンボリックに動きだす。

         

         

         

         

         

         

         

        この日も

         

         

         

        色とテーマがリンクして清々しく、外を見ると、

         

         

         

        国宝犬山城下の川面を「御旗を立てた船」が行ったり来たり。

         

         

         

         

         

         

         

        14572902_1288206207896826_4309925935113665044_n.jpg

         

         

         

         

        あの旗には、なんて書いてあるのだろう?

         

         

        ベランダから身を乗り出し川面の船を追いかけていると

         

         

        厚かった雲が割れ出し、陽光が射し始めた。

         

         

         

        すると、遠くから飛行機がこちらへと。

         

         

         

        IMG_3147.JPG

         

        IMG_3150.JPG

         

        IMG_3149.JPG

         

         

         

         

        水色の飛行機は、国宝犬山城の周りを

         

         

        幾度も幾度も旋回する。

         

         

         

        外の景色が忙しい1日でした。

         

         

         

        CIMG0789.JPG

         

         

         

         

        そういえば、

         

         

        今日、お越し下さった神の手を持つゴウスケ先生御一行様が

         

         

        以前、名古屋のアトリエへお越しくださった時も

         

         

         

        皆で祝福をしている時に

         

         

        外を金色のお神輿が通っていった。

         

         

         

        ゴウスケ先生が

         

        素敵なシナリオを持ち込んでいらっしゃるのかしら?

         

         

         

        あ!

         

        飛行機が旋回し出した時は、

         

         

         

        ゴウスケ先生が来月、沖縄に行かれた時に、私のまぶ友のところへ遊びに行く話や

         

         

        いつもExhibitionを開催している神楽坂のギャラリーのCafeの石丸さんとも

         

         

        ゴウスケ先生が仲良しよ。という話をしていた時だったかしら。

         

         

        繋がるはずのないと思っていた、遠方の友人たちが、繋がっていたことに

         

         

        驚いていた時でした。

         

         

         

         

        シンボリックな計らいはハッピーをよりハッッピーにさせますね。

         

         

        感謝感謝〜。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        家具を動かしたら未来が見える。なんかこんな名前の書籍があったな。

        2015.11.13 Friday

        0
          IMG_6969.JPG


          お家に帰るまでは遠足。なんてつぶやきながら、深夜の高速。

          東京や高松と比べると大阪は、なんて近いのでしょう。

          20歳の頃の遠距離恋愛の大阪は、実はとっても近かったのかと。


          荷物をアトリエまで搬入しながら、玄関フロアー付近の荷物量を

          見ると、まるで引っ越しのようです。

          やっと、なんちゃって仮アトリエからの脱却。

          2m13cmのソファーの組み立ては、一人で組み立てた方が早いと

          思い、汗だくになりながら完成させました。

          さすが、前職デコレーター。一般男性よりは要領良し。



          CIMG3670.JPG



          大きなソファーを入れたら狭く感じるかと思いきや

          反対に部屋が大きく感じられる。

          部屋がグランディングしているようにエネルギーまで変わったように

          感じられる。

          3人がけのソファーは、大の字になって寝ても余裕がある幸せ感。






          CIMG3637.JPG


          白い大きなソファーは部屋を明るく広く感じさせるが

          汚れたら大変だよなぁなんて思いながら


          ソファーカバーもカーテンも

          白泥染めで作ろうとumu-waka商品化計画。

          以前から、私のシーツや布団カバーは白泥染めなですね。

          心地よく休めるので、パジャマも染めてしまったんです。



          そうそう


          umu-waka Livingというブランドを作りたいと思っていました。

          パジャマや室内着の素材を探したり準備を進めていたのですが、

          引っ越しやらリフォームのためにと、中断していたのでした。

          仮のアトリエ、先を急ぐばかり、色んなことを見過ごすことを決め込み

          楽しみというクリエイティ部をおきざりにしていたなぁ。



          umu-waka Living 発動宣言です!!!


          CIMG3644.jpg


          大きなソファーを組み立て後は照明を変えたり、

          新しい照明を制作。

          そして、サイドボードを組み立てたりと

          昼夕、2食の食事を取らずに走る。

          新たに、ストールを見せるスペースも変え始め、

          電ドルまで手に持っていた。





          CIMG3640.jpg


          新しい小さな照明の上に、帽子什器を乗っけたら、何か可愛い。

          和風からなんちゃってが同居する事で、なんとなく私っぽい感じもする。

          型にはまって、窮屈感。ってところから解放され始める。



          CIMG3642.JPG
          大島紬と赤のコーナー・ひな壇制作しました。


          CIMG3641.JPG

          CIMG3650.JPG

          CIMG3653.JPG




          後は、デスクワークスペースを安定させて

          荷物置き場の部屋にオーラソーマの部屋へと変えよう。


          などと、家具を動かしながら先を計画する。





          CIMG3666.JPG



          ちょいと一段落に安堵しながら

          滞っていた仕事も進めよう。


          カタログ冊子作りもしよう。

          ホームページのリニューアルも、そろそろ始動し始めよう。





          CIMG3654.jpg


          何か

          新しい風が吹き始めた。




           

          ご縁がつながるサロンでの内覧会〜終了いたしました。皆様、ありがとうございます。

          2013.10.30 Wednesday

          0




            umu-waka 内覧会@名古屋サロン

            終了いたしました。


            全て予約制にいたしましたので

            限られたスペースになってしまいましたが

            毎日、たくさんの楽しい笑顔に包まれ

            深まりゆく秋なのに、温かな内覧会となりました。


            皆様、

            ありがとうございます。





            30年振りに再会〜☆美しいお嬢さんと一緒にお越し下さった恵子さん





            さてさて


            この時期は、水星逆行。




            懐かしい縁も繋がるニュアンスもある星模様なのですが





            ま!

            ほんと!






            初日は、30年振りの再会!!となりました。


            私は、人生49年間のあいだ、1年半だけ会社勤めを


            したのですが、その時、一緒の会社におりました恵子さんが





            まま、


            これも不思議なご縁なのですが


            高松のumu-wakaのお客様のご縁で再会となりました。


            当時、ニキビに悩んでいた私はクロロフィル化粧品で


            ニキビを完治して、恵子さんに勧め彼女も完治したので


            私は恩人だったそうで、名前をしっかり覚えていて下さり


            いややぁ〜その頃の写真なんぞも持参〜。


            いやはやはや....。





            小中高の同級生と33年振りの再会〜




            そして

            そして


            その次の日は、facebookでつながって


            小中高の同級生の弥生ちゃんと真理ちゃんと


            33年振りの再会です!!!



            あっぱれ〜バケーション!!!!!



            美しく時を重ねて来たのね〜


            って、とっても感じられる二人が嬉しくて〜


            なんだかね〜


            お互いに違った人生を送ってきたけれど


            ちゃんと、ひとつひとつ


            きちんと人生と向き合って来て


            この50才で、この時期に再会!!って


            なんか!


            生き抜いて来た!!


            生還!!!の再会ってな感じで〜〜



            たくさんのお菓子やお弁当(餌付け)をありがとうございます。




            なんだか、


            この再会で、私って昔から


            こんなんだったなだとか、こんな風に認識されていたのか?


            って、改めて自分を見ることになったわけですが....





            日本画家の川口寛子さんとるんるん女子〜〜☆




            偶然、サロンで出会ったお客様同士が


            偶然、以前からつながって初顔合わせになったり


            再会〜〜オンパレードです☆







            べっぴんづくし〜☆
            お写真を撮り忘れてしまいました女子達〜。ごめんなさい。




            お洒落番長〜雅子ちゃんは、花掛紅色&誇高茶色の素敵コーデ



            三色使いも〜〜素敵でございます〜☆





            っと!


            女子ばかりではございませんでして



            ちゃとお仕事もしました。私。



            ま!


            でも大笑いばかりですが.....。



            そして

            2万6千年前〜〜???

            な再会も含めまして


            素敵な素敵な

            ご縁がつながり

            そして




            自身の時間軸が繋がる

            そんな時が幾度も訪れ



            最終日、


            万歳!!!な色の出会いが決まったところで


            サロンの前を


            金の御神輿が二基、通ったのでございます。










            楽しい楽しい


            ご縁を


            神様も


            大喜び〜〜な


            サロンでの内覧会でございました。



            皆様、


            ありがとうございます。







             

            全国の神様大集合〜☆〜こりゃ春から縁起が良いでございますぜ〜旦那ぁ〜!!!

            2013.01.14 Monday

            0




              umu-wakaのサロンの近くに


              徳川園があります。



              私の気分転換、健康〜散歩コースでして


              とっても日常な場所でございまして


              あまり意識をしていなかったのですが


              名古屋の観光名所のようでございます。











              徳川園内には、徳川美術館、逢左文庫、徳川庭園


              などもございまして


              今の期間、徳川美術館では


              「日本の神様大集合」な展覧会が催されております。


              おおお〜


              春から縁起が良いのう〜。


              でございます。






              ☆〜徳川園のバス停〜☆

              ☆〜名古屋観光ルートバスってのが出ておるようでございます〜☆







              昨日は散歩途中に〜


              いつも通り過ぎる徳川園のお土産ショップ「葵」へ


              ちょっと寄り道でございます。








              ありゃまぁ〜


              百貨店や駅まで行かなくても


              名古屋銘菓、名古屋のお土産が充実でございます。


              徳川園限定のお菓子や、陶器、可愛らしい和小物雑貨も


              たくさんたくさん〜☆














              縁起の良さそげなグッズやら


              八丁味噌カクキューのお味噌のお菓子までも〜


              もうもう


              エキサイティング〜になってしまいまして


              お土産屋さんで1時間経過....でございます。










              んでもって

              んでもって



              寒いけれど

              食べながらサロンへ帰りましょうと〜











              たくさんある


              アイスクリームの中から


              えびせん最中をチョイスでございます。













              申し訳ありませんが〜というほど


              ほんとうに〜


              美味い〜美味い〜美味い〜




              すごく


              ミルキーな味わいで幸せベイベ〜気分!!!



              海老煎餅系の塩味が効いてて


              そのクリーミィーな甘さを、ほいほいと


              輝かせるのでございますよ〜!!!


              おらおらおら〜〜〜〜




              っと数秒〜数分で

              秒速級〜〜〜 幻のような早さで

              食べてしまいましたぁ〜。








              製造元もご近所さん。


              いつもここの工場の前を通って


              どんなアイスクリームを作っているのか


              興味津々だったので、


              嬉しくて〜嬉しくて〜。






              んでもって


              また


              他のアイスクリームを買おうと思いつつ


              また本日、


              えびせん最中を買ってしまいました。



              徳川園〜

              L O V E

              でございます。はい。






              私という生きものでございます〜。

              2013.01.10 Thursday

              0
                 



                お!

                なんとも電球の形が、

                きれいに、花瓶の底に......。



                ひらめき

                ひらめき

                ひらめき


                のマークであったのでございましょうか?









                2013年に突入したにもかかわらず

                今年のExhibitionのスケジューリングが

                決められません。


                ご依頼も5つあるわけでして

                自身が企画したい事も

                いくつかございまして

                カレンダーを見ながら

                パズル&パズル.....


                新色からのメッセージやらなんやらにも

                集中したいこの時....

                んんんんん〜〜〜







                っと

                思いながらの

                ありゃりゃりゃぁ〜



                電球のヒラメキ・マーク!!!

                を見てから.....

                気づきましたら



                角材なんぞをかつぎ出し

                気づきましたら

                家具なんぞも移動しております

                私の

                ヒラメキ行動......







                おっと!!

                脚立もピンクちゃん〜。

                様々な色の走り出しから

                産まれたピンク軍団の中に

                ちっこい脚立まで揃って

                なんだか楽しくなる〜♪〜♪






                ふむふむ。

                ふむふむ。


                自分とこのサロンの場合

                徹底的に、こだわることが

                できるわけですから......


                ま!

                今年も

                名古屋は、どこかのギャラリーを借りて

                開催するのは止めましょうかね。

                サロン以外で開催すると、

                作り込みに時間制限もありますし

                巨大な量の荷物の移動は

                先々、幾度かあるわけですからね.....


                2013年春夏のExhibitionはumu-wakaのサロンで...

                っと。







                またまた

                移動させたガラス什器を

                えっちら

                おっちら

                と。





                あああ〜

                これでは

                お客様が

                お茶を飲む場所が

                なくなってしまった.....




                んんんん。

                13日から3日間の

                2013年初色お見立て会までに

                サロンは形になるのでございましょうか???






                ぶつぶつ

                言いながら

                止まらない私を認知しながら



                脳で

                頭で

                計画を建てるより



                こうして

                自分を放し飼いにすることで

                どこぞやかに着地させる。



                そんな

                わたしという生物でございます。

                と自身を認めるのでございます。


                はい。




                1