umu-waka Exhibition 粒子@札幌終了いたしました。

2016.06.19 Sunday

0

    IMG_1638.jpg

     

     

     

    umu-waka Exhibition 粒子@札幌、終了いたしました。

     

    みなさま、温かな時をありがとうございます。

     

     

    永遠に変わらないことは、「変化し続けること」とよく言われますが、

     

    今回は、特にそのことを感じました。

     

    驚くほどの共時性の中に。

     

     

     

     

    粒子、

     

    粒子はそれぞれの粒子が生きいだすように、自身の中に内包されたその、かけがえのない光を生きる。

     

    その、それぞれの粒子を見るようなExhibitionでした。

     

     

     

     

    13346726_1180666365317478_5887114365922504168_n.jpg

     

     

     

     

     

    初めて北海道へと訪れたのは、ちょうど5年前の同じ頃。

     

    札幌の老舗デパート、丸井今井さんでumu-wakaストール開催のために訪れました。

     

    飛行機の窓から北海道の大地を見た時、「待ってたどう〜」って聞こえたような気がしました。

     

    いつも札幌、北海道には温かく迎えられ、何かの節目となることが多くありました。

     

     

     

     

    スクリーンショット 2016-06-19 0.19.31.png

     

     

     

     

    フェイスブックでは、過去の同じ日にあった出来事がタイムラインに紹介されます。

     

    ブログをアップしようと思いながら、写真の整理をとフェイスブックを開けると

     

    初めての札幌、ストールフェアが終わった次の日の投稿がアップされていました。

     

     

    写真のバイオリニストの杉田知子さんとは、ストールフェア最終日の閉店間際に出会い、

     

    次の日には、知子さんが定期的にコンサートをしている支笏湖のホテルの温泉へ行き、

     

    その晩、温泉から戻り、ススキノの渋いスペイン料理店での記念ライブ、知子さんのバイオリンのライブに

     

    合流し、ライブの後、二人で2軒のハシゴをして明け方まで話し込んでいました。

     

     

     

    そうそう、

     

    その支笏湖まで案内してくれたのがヤッチャン。今回もExhibitionのお手伝いをしてもらった。

     

    ヤッチャンとの出会いもこの時。札幌で仕事をしている友人が、「WAKAYAMAが行くから遊んでやってくれ」

     

    で、出会った。

     

     

    今では、二人ともマブ友です。

     

     

     

     

    IMG_1725.JPG

     

     

     

     

     

    毎度、毎度ですが、

     

    今回も、Exhibitionの次の日は、ヤッチャンが豊平狭温泉まで車で連れて行ってくれた。

     

    温泉の前は、5年前初めて食べたスープカレーのお店、「suage」で食した。

     

    相変わらず美味しかった。

     

     

     

     

     

    IMG_1605.jpg

     

     

     

     

    今の私の生活、人生は

     

    umu-wakaを通して出会ったご縁でできている。

     

     

    お客様が、全て友達になっている。

     

    Exhibition中に、お客様(お友達)と頂いたおやつを食べたり、くつろぎすぎている時に

     

    お客様の足音がすると、そのピクニックのような状況を片付けながら

     

    その来客人の顔を見て「ああ〜内輪だからいいや〜。」と皆で言う。

     

     

     

     

    スクリーンショット 2016-06-19 0.38.47.png

    oinari-redを纏った。ぴょん吉さまの初めて見る艶っぽさに一同〜驚く

     

     

     

     

    facebookのタイムラインで、元気がなさそうな友人や、いろんな変化の中にいる友人の顔を

     

    見ると心配になったり、会いたくなってExhibitionのスケジュールを決める。

     

     

    お見立てのストールの色を通して、新しい魅力を発見して感動したり

     

    お互い、すってんころりんしながら、頑張って生きている。生還している。

     

    変化のトルネードの中に、足を踏ん張って立っている。

     

    皆〜同じ。

     

    私も然るべく。

     

     

     

     

    13433136_1182669168450531_7341186633902196457_o.jpg

    最終日の撤去までお手伝いを頂くありがたさ〜❤

     

     

     

     

     

    時の間に間に〜

     

    波の間に間に〜

     

     

    その間に間にの中に

     

    新しい時の流れを、遠くの景色を見るように感じる。

     

     

     

     

    さゆさ色

    〜時の間に間に〜波の間に間に〜

     

     

     

     

     

    umu-waka Exhibition 粒子@札幌を終えて

     

    一つの時代の終焉を感じる。

     

    新しい波間に

     

    緩やかに〜

     

    緩やかに〜

     

     

     

    ---------------  --------------------    

     

     

     

     

    13415497_1181480495236065_2267145671320516774_o.jpg

    お店にディスプレイしていただいたDM

    DMのストールの写真を見て「美味しいそうなお菓子!!これ何〜?」って聞かれたそうです。

     

     

     

     

    この6年で行きつけのお店もできました。

     

    知子さんが13年、通い続けるお店。

     

    お店のお客さんとも仲良くなりました。

     

    食の女神がいる雪国食堂、店名は食堂ですが神的な割烹のお店です。

     

    毎回、悶絶する、いや、美味しすぎて奇声を上げる私です。

     

    今回も美味しすぎて奇声を上げたら、これも食べてあれも食べて、飲んでと

     

    隣のお客様、その隣の隣のお客様からお料理がやってきました。

     

    鯛やヒラメの舞い踊り〜竜宮城のような一夜。

     

    雪国食堂の女神、尚さんの優しさにも癒されながら〜。

     

    雪国食堂

     

    IMG_1657.JPG

    道内産のその時期の一番良い食材を使ったお料理の数々。

     

     

     

     

     

     

    たくさんの人生の財産との出会いです。

     

     

    他にも、北海道でしか味わえないものづくしは、今回も嵐のごとく、

     

     

    私の胃袋へと奉納されました。

     

     

     

    IMG_1591.JPGIMG_1590.JPG

    北海道でしか食べることができない、ミョウバンなしの塩ウニ

     

    IMG_1588.jpg

     

     

    粒子というもの。

    2016.06.05 Sunday

    0
      13275036_1036662743090137_1421100834_o-2.jpg



      来週末は、umu-waka Exhibition粒子@札幌。

      毎回、そうなんですが、Exhibitionテーマを決めた途端に、そのテーマが自身の一人ワークショップのように

      色んな事象が、染めにも、日常生活に、そして精神にと、現れます。


      今回のテーマは、「粒子」。

      非常にヘビーなワークショップであります。泣くことすら忘れるほど、逃げ出したくなるほどの事象もあったりと。

      「粒子」というテーマが降りてきたあの場所、あの時を思い出しながら、長い旅の途中、色々な景色を思い出す。





      粒子のテーマを持っての染め始めの白い光の中の光景。生まれた色たちの顔ぶれ。

      それぞれの色は、曖昧でありながら強い個性を光らせ、それなのに生まれた様々な色たちは集合体になると

      お互いを輝かせ魅了する世界を作り出す。




      受容、協調性、そんな言葉を超えた気遣いさえ見せない、強く美しい色世界。




      IMG_1183.jpg

      IMG_1221.JPG
      伊勢丹新宿店にてスタート




      スタートした伊勢丹新宿店は、お祭りのようでした。一つの時代を振り返るような感謝。感謝祭のようだった。

      温かな顔ぶれを思い出しながら、過去と未来が交差する時点のようだった。






      神楽坂、光鱗亭ギャラリー




      その後の3月のExhibition、神楽坂、光鱗亭ギャラリーは、マグマの爆発から始まった。

      いろんな出会いの中に大きな世界があった。

      様々な粒子の心。






      umu-waka初の白泥染めのお洋服のお披露目でもあった。まだまだ制作したいものは山のようにある。

      制作したいもの、追いかけたいものを目指していたら、いつか自分の見たい世界、自身のマップが

      見えてくるのだろうか?




      生多良の色で制作されたグランプリの大島紬を着てギャラリーへとお越し下さったお客様。
      伊勢丹での偶然の出会いから〜





      神楽坂での出会いや再会は、大島紬から始まったumu-waka、日本の伝統をとの志から始まった自身のこれまでの

      mapを見る。伊勢丹新宿店で偶然出会ったお客様は、生多良色の大島紬、グランプリ作品をいくつも持っているとのこと。

      ギャラリーへはその大島紬とストールをまとってお披露目。改めて生多良の色の美しさを感じる。

      Exhibitionのディスプレイ、ギャラリーの設営に2日間かける私のこだわりは、一枚の反物の色構成をする生多良の

      こだわりと似ているようにも感じる。







      代々伊勢型紙職人の家系で育った友人は、新しい自身の着物や反物を見せに来てくれた。

      本当に自身の歩いてきた道のりを、その明かりを見る。







      最終日は、オーラソーマ女子たちの課外授業となったumu-waka Exhinbition。

      光と色と戯れる姿は、宇宙から降りたった天使軍団のようだった。私自身、1996年にオーラソーマと出会い

      自身のベースにはオーラソーがある。

      原点回帰のようなExhibitionだった神楽坂。



       
      光鱗亭ギャラリーオーナー夫妻とお洋服のデザイナー尚さんと





      この時から、自身の体のケアを大切にしようとExhibition終了した次の日はホテルで休養してから

      帰路につこうと。いつもは母のケアがあるからと、休まぬまま帰路についていた私の新しい試みだった。

      一日中、ホテルから一歩も出ず、夜のディナーだけ光鱗亭ギャラリーのオーナー夫妻方と出かけた。

      こんな風に出かけるのも初の出来事だった。










      東京タワーをのぞむレストランで食事中。春雷が轟く。

      春雷は春の到来を伝える雷。雷鳴に驚き冬眠していた地中の虫たちが目ざめるという理由で「虫出しの雷」

      心を騒がせる大嵐が吹きすさんだ今日この頃は春雷だったのね。と皆、新しい春を臨もうと。









      春を終え、初夏を匂わせる高松Exhibitionを終えて戻ると半袖の季節となっていた。

      高松Exhibitionは、LOVE。愛しい人を思って流れる涙の美しさに感動した。

      今まで以上にLOVE、特に恋愛やパートナーとのあり方、LOVEに向かうための自身の女性性のテーマのカラーが

      多く嫁いだ高松。





      色名が決まったら連絡をするという宿題が残っている色。今回、多し〜



      Loveのテーマは、その後、私自身へのワークへともつながる。

      そのLoveテーマの引き続きの課外授業になったのは、高松Exhibitionを終えた翌週。


      高松の友人が急に行くことができなくなったEXILE、ATSHUSHIにコンサート@大阪、京セラドームツアーへ行くことに

      なった。




        



      メジャーなコンサートは久しぶり。EXILEも詳しくないままの初参戦だったのですが、会場のLOVE集合意識に共鳴

      したのかコンサートが始まってしばらくすると、私も「ATSUSHI LOVE」となり久しぶりに感じた恋心とともに。









      コンサートから戻り、2日間は恋するモード。たまたま偶然の経緯で塗り始めることとなったのがオーラソーマボトルの

      スーパーラブレスキューとなる110番ボトル。大天使アムブリエルが誕生した5月31日から疲れ切ったLOVEの

      ケアが始まりました。このボトルの色合いのストールたちも子宮ケアのニュアンスを感じて

      高松では、たくさん嫁いだ色群でした。






      来週末は

      札幌でのExhibition。


      どんな「粒子」を感じるのでしょうか?

















       

      umu-waka Exhibition 高松終了いたしました。ありがとうございます。

      2016.06.02 Thursday

      0




        umu-waka Exhibition 粒子 高松 終了いたしました。

        たくさんのご来場、誠にありがとうございます。


        初日は、平日にも関わらず、大変、混雑いたしまして、ゆっくりとお見立てや

        お話ができず申し訳ありませんでした。

        次回は、心地よく皆様が過ごせますよう段取りを整えますので

        どうぞよろしくお願いいたします。










        今回のExhibitionは檸檬王子色のニューバージョンや楽陽色のニューバージョンと、イエロー系の変化が

        多くありましたが、高松では新色のオレンジ系統(まだ色名が決まっていない色達)からの

        メッセージが多くありました。そしてLOVEのテーマが多かったような気がいたします。

        LOVE。様々なLOVE。肉体を通したLOVE。色々と感じさせることがらが多くありました。











        今回は、長距離運転を避けて肉体的余裕を持とうと、最初は新幹線での移動を計画していたのですが

        大きな什器の配送は、通常より時間がかかるのですが、名古屋から田舎へと引っ越してからの今は、

        今までの倍の時間が必要で、ギャラリーの定休日を挟むと、設営日までに荷物が届かないということが

        直前になってわかり、急遽、車を運転して出かけることとなり

        発送用の梱包を解き、そして荷物を車へと荷物を積み込む。それだけで2日間もかかってしまいました。









        しかし今年は、60年に一度の丙申、かつ閏年なので、四国88か所霊場逆打の年。

        88番札所を参って、その後、1番札所をお参りすると良いと高松の友人から聞いた時、思考も感情も感知しない

        のに、涙がじわっと溢れました。何か一つの扉が閉まる。一つの時が終わると。

        そんな感じがしました。










        行きは、88番札所の大窪寺を参ってから高松入り。

        大窪寺はご縁があるのでしょうか?

        3年前、顔も知らぬ実父が亡くなり、送る日を88番寺、大窪寺で参りました。




         




        来させていただけることに感謝。

        薬師如来様でありますし、家族全員の健康をお祈りしました。





        86番八栗寺、85番屋島寺をも参らせていただき、帰りしな、徳島にある1番札所、霊山寺をお参り
        する時は、強い風が吹き続け屋根の鈴がカラカラと鳴りつづけるその様は、何かしらのお知らせのように
        感じました。










        国産みの淡路島を通り、四国八十八ヶ所霊場、最終であり始まりの88番札所大窪寺をお参りして高松入り。

        始まりと終わり。

        そして始まりと終わりを育み続けるLOVE。

        この土地ならでは、輪郭が濃い色合いとメッセージの高松Exhibition







        13240159_925308564245132_9166392051130763907_n-1.jpg


        今回も

        たくさん笑い、たくさん美味しいものをいただき、

        今回は踊っちゃったりなんかもしながら、Exhibitionは終了いたしました。


        しかしながら

        初日の満員電車のような混み合いに、驚いている間もなく電磁波の嵐だったのでしょうか?

        インターネットが繋がらなくなり、焦るは申し訳ないわで私が混線してしまいました。

        これに懲りず、またお越しくださいませ。


        感謝〜❤





        美味しいcollection
        IMG_1394.jpg高松餡餅雑煮はExhibitionの次の日にいただきました。
        13263868_1168969769820471_8891845398182689728_n.jpg13238991_1168969736487141_316597663891007868_n.jpg
        お客様から頂いた、追っても美味しい大手饅頭を宇治ミルククリームのかき氷に乗せて〜。

        マラケシュのYOKOさんからのお弁当差し入れ

        IMG_1488.JPG
        高松おでんも大好物。今回、おうどんはExhibition翌日が初。高級バージョンのお店に行きました。

        スクリーンショット 2016-06-03 2.23.16.png
        スクリーンショット 2016-05-29 1.53.29.png
        神のようなお食事。ツルカメ食堂さんで乾杯〜。ツルカメ食堂

        ツルカメ食堂併設 Marrkishにてアフリカンファッションショー。サンバライブで踊り筋肉痛になったことも....。



        今回のうちうちテーマは遊ぶこと。たくさん食べてたくさん遊びました。
        Exhibition中は忙しくて写真を撮る時間がなくて〜。気がつけば、食べ物の写真と遊んでいる写真ばかり...。



        IMG_1504.JPG
        愛知へ戻る日、体調を整えましょうとお友達の毒だし塾のかねとうさんで宇宙エネルギーご飯をいただきました。




        お笑いCollection



        屋島にて

        IMG_1457.JPG

        屋島名物、厄除け瓦投げ。



        脂肪や贅肉が、なくなりますように〜。

        と願いを込めて瓦を投げる。

        それがブーメランのように、瓦が戻ってきて足元で割れた。


        スクリーンショット 2016-06-04 23.04.33.png





        笑い話じゃないよ〜



        猪オドシという作品
        IMG_1448.JPG
        IMG_1440.jpg



        八栗寺へお参りして、八栗寺の奥にある、中将坊堂にてイノシシと遭遇〜

        中将坊堂は、天狗さまがお祀りされております。

        夜になると天狗さまが五剣山から降りてきて庶民のために良いことをして朝になると山に帰って行くと。

        確かに置いてある天狗さんの下駄は吐いた形跡がある。と確認した後、近くの茂みがガサガサと。

        天狗さまかと思いきや、大きなイノシシでした。「イノシシ!!」と叫んだ途端、イノシシの怖さを知っている

        友人が涙目。「逃げよ!!!」と一目散に逃げました。




        一目散にイノシシに背を向けて走って逃げたのですが、

        後で気づく、天狗さまからメッセージ。

        友人と二人でお祈りした願いを引き受けたというシンボリックなメッセージでした。

        二人して家族の健康を願うという。




        そんなこんな。
        まだまだ、たくさん話題が豊富な高松。
        楽しみすぎた高松でした。新しい私のスタイルへと一歩踏み出しました。







         

        umu-wakaExhibition 粒子@神楽坂 終了致しました。感謝。

        2016.03.28 Monday

        0



          さゆさ〜、流るる波の間に間に〜♪
          さゆさ〜、時の間に間に〜♪

          umu-waka Exhibition 粒子@神楽坂・光鱗亭ギャラリー終了致しました。皆様、大切な時をありがとうございます。
          強い強い風は、誰にも、それぞれ一応に吹くなか、自身の根を張りながら精一杯、前を向き、時には立ち止まり
          自身を純正する過程、自身の色が美しく立つ。ing。

          今回のExhibitionは、そんな新しい旅立ちを皆様の色合いの中に感じました。美しい。それぞれのとても美しいその色光に私自身が癒され勇気を頂きました。

          さゆさ〜、流るる波の間に間に〜♪
          さゆさ〜、流るなみの まにまに

          さゆさ色。
          鶸色の光の色は「さゆさ」という曲の中に感じた色です。

          間に間に(まにまに)〜

          間に間に、粒子は純粋化して行くのでしょうか。
          自身の真の粒子をみるために。

          皆様、
          ありがとうございます。

          春陽の中、ますます皆様のくつろぎと笑顔が華やぎますよう。
          愛と感謝をこめて。



          生多良&若多良。


           

          umu-waka Exhibition 粒子

          2016.03.12 Saturday

          0

             

            2016年3月25日(金)〜27日(日)
            11:00〜19:00(最終日18:00終了)
            神楽坂・光鱗亭ギャラリー
            〒162-0805 東京都新宿区矢来町41 tel03-6265-0630
            http://www.kagurazaka-kourintei.com/


            5月20日(金)〜22日(日)
            場所:ほとりギャラリーさん
            高松 香川県高松市中野町32-3(栗林公園北門前)


            6月10日(金)〜6月12日(日)
            場所:Medelucafe 2階
               札幌市中央区南1条西24丁目1-14
            TEL : 011-616-3175
            (前回のExhibition会場のカーニバルビルの隣のお店の2階です)


             

            umu-waka Exhibition 粒子

            2016.02.01 Monday

            0


               

              今回の染めは不思議でした。自身のもうひとつの角膜に写る染めたい色は、
              いつも、もう一つの色を伴って2色、3色で角膜の画面に映し出される。

              どう染めようか?

               

              そのせいか、YESという色が生まれない。

              良い色であってもYESと言えない自分がいた。

              時をずいぶん必要としました。



              そして生まれ出た色達は、曖昧なようで、

              それでいて、自身の個性を強く光らせる。

              それでいて、全ての色が集合体となると

              力強く、美しく生きい出す。


               

              協調というよりも、多様受容。

               

              それは、自身の中に二つの粒子の交合によって新しい時代を描き出す。

              時代の流れが、そして有り様が変わって行くことを

              色が伝えているようでした。


               

              そして新たに、竹の繊維で織られたストール布地ができあがり、

              また色のニュアンスが増えました。

              多次元的なドアが開かれる。


               

              また、白泥染の洋服も今回少しお披露目いたします。

              2016年、umu-wakaの新しい顔へようこそ。

              お越し下さいませ。



              ............................................................

              2016/3/253/27 神楽坂・光鱗亭ギャラリー


              その前に


              2/102/16まで伊勢丹新宿店1Fストール売り場にて

              umu-wakaは出店しております。


              少しだけ新色、新ストールをお持ちしますので是非、足をお運び下さいませ。


              お待ちしております。



               

              umu-waka Exhibition 粒美@神楽坂

              2016.01.07 Thursday

              0



                2016年のumu-waka Exhibition@東京神楽坂の日程が決まり

                ました。

                新しい時代の予兆なのでしょうか?

                umu-wakaの全ての色群も生まれ変わるニュアンスを感じてお

                ります。

                次元以降の素粒子への乗り物なのか、

                今回の色重ねのKEYは金の羽根の色。

                金の羽根とともに、

                自身の中の粒子の幾億万の色を重ね天翔する。

                2016年前半の撹拌する時の流れへと。



                そしてきっと夏至後に、また、鈍重なシルバーが生まれるよう
                に感じております。








                新たに竹の繊維から生まれたストール群、白泥染めのお洋服も

                新登場いたします。

                皆様、お会いできる日を楽しみにしております。
                 




                2016年3月25日(金) ー 27日(日)

                 @神楽坂・光鱗亭ギャラリー

                〒162-0805 東京都新宿区矢来町41 TEL&FAX 03-6265-0630
                  http://www.kagurazaka-kourintei.com/

                 

                新しいステージが始まりました

                2015.10.05 Monday

                0


                  来年になりますが、

                  伊勢丹新宿店でのフェアの日程が決まりました。

                  2016年2月10日(水)-2月16日(火)

                  1階のこの場所がumu-waka色になります。

                  どう描こうかと今から楽しみです。



                  そして、まだ書籍の名前は決まっていないのですが、

                  umu-wakaの赤だけの書籍の出版に向けて始まりました。

                  umu-wakaの新しいステージが始まりました。 



                  umu-waka Exhibition在処・arika 染め1

                  2015.08.05 Wednesday

                  0
                    CIMG2010.jpg





                    次のExhibitionテーマを「在処・arika」、赤を集中的に染めたいと

                    決めて3ヶ月、色々な赤の出会いが続き、7月の末から10日間

                    鹿児島の生多良の染め工房へ行き、生多良と共に新しい赤、紅、朱

                    緋、臙脂と、たくさんの色を誕生させてまいりました。





                    CIMG1989.JPG


                    CIMG1990.JPG






                    毎回、Exhibitionのテーマは、自身へのテーマであるがごとく、

                    その色群と共に、私自身へ、生多良へと問いかける。

                    もともと、染めをした後は、生多良も私も精魂尽き果てたように

                    なり休息するのですが、最初から、相当な覚悟で臨まないと「赤」は

                    生みだせないと思っておりましたが、今回の「赤」は染めの時から、

                    そして染めの後もけっこう大変でした。






                    CIMG2007.JPG

                    CIMG1991.JPG






                    前回、前々回の染めの時は、まるで私達が染めたんじゃないようね。

                    と、お互いに笑っていたように、Exhibitionテーマの「気配」、

                    新しい本能の在処、新しい時代のマゼンタを染める。

                    その時は不思議な感覚で楽しげに色達は生まれました。

                    そして、1年前に、くも膜下出血で倒れた復活し、養生しながらの

                    生多良の目力が増し、マゼンタの力を実感した染めでした。





                    CIMG2001.JPG





                    今回の赤は、どんな景色を見せてくれるのだろう?

                    自身も人生の半分を過ごした名古屋から、実家のある歴史・遺産

                    豊かな犬山へと住まいを移し、国宝犬山城を真正面から望む場所へ

                    とumu-wakaのアトリエを移し、在処が変わった。

                    そして11月から実家のリノベーション工事が始まる。

                    自身のルーツが明瞭になった昨年の激しい時からの移行で

                    自身の人生の在処が着地した。





                    CIMG2118.jpg
                    私のipadに入れた刻印・refined rebellion 洗練された変革






                    赤は、終わりと始まりを知らせる色。

                    歴史的にも、弥生時代、赤い陶器が流行った後、弥生時代は

                    終わった。革命と共にある赤。

                    自身のテーマとしてある

                    refined  「洗練された変革」


                    今回の染めは、そんな「洗練された変革」を感じる染めでした。








                    VOL.2へ続く〜







                    umu-waka Exhibition在処・arika

                    2015.07.20 Monday

                    0
                      2015DM2omote400.gif






                      umu-waka Exhibition 在処・arika

                      2015.07.08 Wednesday

                      0
                        CIMG9005.jpg 




                        たくさんの色には、見えている色とは別に、在処がある。色の在処。


                        心が惹かれてやまないその色の先には、


                        自身の咲(さきのみらい)


                        自身の臆(むねのおく)の在処・arikaがある。


                        自身の咲き誇る在処、自身の根が温まる在処へと。


                        umu-waka色彩師・若山真由美




                        スクリーンショット 2015-07-08 2.52.47.png


                        存星色/ariboshi-iro 愛姫色・mehime-iro 綺羅紅色・kirabeni-iro 

                        臆紅色・okubeni-iro耀色・kagayou-iro 邑久色・ofoku-iro  〜

                        2015/A&W新色





                        2015年秋は、東京神楽坂から始まります。

                         

                        次は年明け、故郷の犬山の武家屋敷からExhibitionを始める予定です。

                         

                        今回の「在処・arika」は、この後、各地を回りながら仕上がって行く色の流れを考えておりますので、

                         

                        皆様、一緒に旅をしましょう。お待ち



                        スクリーンショット 2015-07-08 2.52.40.png


                        東京・神楽坂

                        201594日(金)〜6日(日)

                        11時〜19

                        東京神楽坂・光鱗亭ギャラリー

                        http://www.kagurazaka-kourintei.com





                        Letter 

                        2015/7/7

                        私事ですが、今秋は、実家のリノベーション工事が11月から始まります。

                        亡き父は腕の良い大工職人でした。地元の神社も手がける父の職人魂、

                        そして注文服のサロンを営む母の元で育った私。物作りの魂を育まれました

                        実家のリノベーションは亡き父との再会、日本の伝統建築文化をと

                        考えております。


                        神楽坂でのExhibitionの後は、

                        リノベーションの準備で莫大な荷物の整理、

                        母&姫子&たま子の引っ越しが待っております。


                        そしてリノベーション中は大工さんと一緒に、実家のクリエーション

                        をする予定ですので、今回の神楽坂のExhibitionの後、

                        Exhibition開催は、年明け故郷の犬山武家屋敷からとなります。

                        よろしくお願いします。

                         



                        umu-waka Exhibition、今秋は地元で初開催です。

                        2015.05.29 Friday

                        0
                           


                          umu-wakaのアトリエから


                          歩いて3分の場所にあるカフェ ル マシャオン。


                          http://www.cafe-le-machaon.jp/index.html


                          umu-wakaのアトリエとなった


                           国宝犬山城をのぞむ木曽川沿いのマンションを


                          案内してくれた不動産屋の若いお嬢さんが言っていた。


                          とびっきり、おいしいケーキがある素敵なCafeよと。



                          何度か足を運んだのですが定休日と重なり


                          昨日、初めて伺いました。





                          coffee豆の種類も多く、とても美味しい珈琲に心がほっとする。






                          古民家を西洋風のニュアンスにした佇まいのCafe。


                          Cafeには美しい中庭があり、


                          中庭の奥にはオーナーの住まい。



                          Cafeの隣の建物は


                          西洋アンティークギャラリー。







                          cafeスペースにも西洋アンティーク、


                          そして日本の骨董や


                           犬山焼きも販売されています。


                          オーナーの目利きが美しい。











                          中庭を挟んでオーナーのお宅。


                          オーナーのお宅越しに、もう一つのぞむ芝生の庭は


                          外国映画で見るような、スプリンクラーのような芝生水やり機。


                          水しぶきが優雅。


                          まるで家庭画報に掲載されるような風景。










                          見入る程、美しかったので、ここでumu-waka Exhibitionしたい!


                          と思い、オーナーに、こちらは貸しギャラリーは


                          されていないのか?とたずねました。


                          すると


                          Cafeの中庭奥にあるオーナーの住まい。


                          少し改装して貸しギャラリーになるとのこと。







                          今年の秋、


                          umu-wakaのExhibitionをこちらのギャラリーで


                          開催する事になりました。




                          木曽川畔にある素敵なカフェ ル マシャオン。



                          お宝がいっぱいで、ああ〜幸せ。



                          初の地元での開催となります。


                          今秋が楽しみです。








                          You raise me up〜♪ あなたは私を奮い立たせる@札幌

                          2015.05.27 Wednesday

                          0


                            You raise me up〜♪

                            こちらの曲をバックにお楽しみください。
                            https://youtu.be/AQ-fM5LKTbU


                             





                            会いたい顔に会いに行くんだ!!!

                            そんなumu-waka Exhibition@札幌


                            You raise me up〜♪♪♪

                            みんながみんなの幸せを祈る。

                            元気づけあい、優しさがお笑いになる。

                            すてきなミュージカルで

                            再会を、初めまして♡を祝い合う。





                            こちらの曲を聴きながらお楽しみ下さい。

                            umu-waka Exhibition 高松終了いたしました。

                            2015.05.22 Friday

                            0
                               


                              umu-waka Exhibition高松

                              終了いたしました。

                              たくさんのご来場、ありがとうございました。



                              沖縄でのExhibitionや、滞在のこともまだアップしないまま

                              高松が終了。


                              今年も半分、過ぎ行く。







                              全国、お礼参りと

                              ゆるりゆるりとまいりましょう。

                              そんな思いで始めた今回、2015年春夏ツアー。


                              ゆるりゆるりと.......。

                              どちらの会場も、たくさんの方々がお越し下さり

                              お昼ご飯が食べられない〜っと、お客様を前に

                              ご飯をバクバクとつまむ私。

                              ご容赦ご容赦。

                              そして

                              どちらの会場も、たくさんのお手伝いで設営や撤去。

                              たくさんの差し入れ。







                              たくさんの物語は

                              あっぷしきれないほど。


                              私自身が

                              お客様を通して

                              新たに生まれた色達のメッセージを受け取る。


                              皆様と共に

                              umu-wakaの色達は育まれ顔を出す。







                              今回のExhibitionを通しての

                              色達のメッセージ。


                              明日から

                              きちんとアップしてまいりましょう。


                              感謝

                              1年半ぶりの高松です。

                              2015.05.11 Monday

                              0





                                今週末の高松Exhibition


                                1年半以上ぶり!


                                ああ〜楽しみな餡雑煮(笑)


                                会いたい顔に会えると思うと泣きそうになる。



                                しかし、しかし、


                                アトリエ建設に合わせた引っ越しの荷造り&しまい込みで、


                                什器など行方不明で、朝からバタバタ。


                                台風の大雨の前に荷造りをと〜。


                                少し感覚を思い出しながら、


                                荷造りは以前よりもコンパクトになった。




                                続けること


                                やり続けことで、やっと見えてくる物だな。


                                染めを含め、すべて。



                                久しぶりの再会を楽しみにしています。





                                2015年春・札幌設営

                                2015.04.17 Friday

                                0


                                  大きなスーツケースから

                                  300枚程のストールを出し

                                  送った大きな箪笥を段ボールから取り出し、

                                  家具の配置を変え、

                                  さてさて、最初に出来上がったスペースは

                                  何故だか、我が故郷のお土産コーナー。

                                  観光地犬山のパンフレットをたくさん持参です。


                                  いつか、

                                  全国のみんなと、犬山の鵜飼舟を貸し切って

                                  木曽川の上で宴会。

                                  犬山のパワースポット巡りをしたいな。





                                  お昼ご飯は

                                  お手伝いに来てもらった

                                  みっこちゃんお手製のお稲荷さん。

                                  温かな味噌汁付です。






                                  そして

                                  3時のおやつは

                                  ぴょん吉さんからの差し入れです。


                                  惚れ込みすぎた美味しいチーズ

                                  アドナイチーズ工房のヨーグルトと

                                  アップルパイです。

                                  ちゃんと食べられるようにとフォークまで添えて。

                                  ありがたや。






                                  ありがたや〜


                                  ありがたや〜



                                  札幌入り

                                  2015.04.16 Thursday

                                  0
                                    愛しの姫子&たま子を置いての出張は涙が...むせび泣く〜♡




                                    1年半ぶりの札幌。

                                    大きな人生の変化が1年以上かかったので

                                    本当に久しぶり。今年に入って

                                    23年、人生の半分を過ごした名古屋から実家へと住まいを移し

                                    実家近くへのアトリエの引っ越しも、まだまだ片付いていないし、

                                    今年もお休みしようかと思いつつ

                                    みんなに会いたい、行きたい!だから行く。

                                    と決めたので、ゆったりモードで行きましょう。

                                    まま、今回は染めがギリギリだったので

                                    仕上げとか準備は直前と、40kgのスーツケースを持ち込んで

                                    飛行機へと。









                                    空港へは、

                                    今までは、車で行っていたのですが、実家へ引っ越し

                                    空港まで倍の距離と時間となるので

                                    空港まで直通のミューズスカイでGO。

                                    新鮮な移動。

                                    飛行機も先月から発着となったジェットスターでGO。

                                    そして、機内へ1番乗りも初めてです。

                                    人生、変わった感が大きい。





                                    移動は1日がかりになるので、前乗りです。

                                    Exhibition会場も今回初の場所。

                                    オーナーは一緒のサロン。

                                    オーナーも私と同じ年で、私とはまた違う人生劇場な女子。

                                    不思議と前職も同じと。

                                    彼女の顔を見てなごみながら

                                    開場下見をして、徹夜で札幌入りなので

                                    早めにホテル入り。


                                    最近、札幌のホテルも以前より2割増の料金になったので

                                    今回は、またホテルも新しい場所へと。




                                    深夜

                                    ホテルの窓からの景色を見ながら

                                    初めて札幌入りした時の事を思い出す。


                                    方角も位置関係も全くわからずホテルの予約にも

                                    戸惑った4年前。

                                    今じゃ、位置関係も把握。DMの住所の位置も理解。

                                    誰一人、知らない場所で老舗デパートでの1週間だったあの頃。

                                    百貨店の皆さんに優しくしてもらった。

                                    Youkoさんが、たくさんの生徒さんを連れて

                                    会場に来てくれた。

                                    Hitomiちゃんの生徒さんが、一足先に手にした

                                    umu-wakaのストールを持って遊びに来てくれた。

                                    有り難かった。心強かった。



                                    そして

                                    今は、会いたい人がたくさんいる。


                                    幸せだな。

                                    幸せだな。

                                    幸せだな。


                                    大変な事もいっぱいあったけれど

                                    続けてきた、続けてこられたのは

                                    今、会いたいって思う人たちのおかげさまだったり

                                    ご縁。







                                    前日の徹夜で眠いはずなのに

                                    胸がいっぱいになって

                                    眠れず、

                                    コンビニでデザートを買って

                                    機内でもらったワインを少し。


                                    感謝の札幌入りでした。



                                    みなさま〜blog掲載をありがとうございます。

                                    2013.07.03 Wednesday

                                    0



                                      えっさほいさ

                                      している間に


                                      気づかぬところで


                                      皆様、

                                      umu-wakaのblogをアップして下さいまして

                                      ありがとうございます。


                                      皆様〜

                                      blog〜

                                      お知らせ下さいませ〜です。


                                      ありがとう〜。

                                      ございます〜。








                                      のりちゃんのblog


                                      ともちゃんblog




                                      みよちゃんblog
                                      蓮花浮夢色のこと 

                                      2012年秋のExhibition
                                      花掛紅色のこと









                                      umu-waka 2013年・色はじめ御見立て会は、お饅頭の色合わせから始まりました。

                                      2013.01.14 Monday

                                      0
                                        本日は

                                        umu-waka 2013年・色はじめ御見立て会でございます。









                                        近江の国からお越し下さった

                                        ひとみさんからのお土産は

                                        京都・聖護院八ツ橋のハイカラなお饅頭。

                                        色とりどり、

                                        イナモン、レモン、バニラ、ブラウンシュガー、

                                        ウォールナッツ。






                                        ☆〜八ツ橋さんも洋菓子部門解禁でございますね〜☆





                                        あたしの、脳内妄想スピーカーが....




                                        ♪〜ずんちゃっちゃ〜♪


                                        〜〜♪〜ずんちゃっちゃ〜〜〜♪♪♪




                                        と三拍子をきざみましたでございますよ〜☆〜





                                        ☆〜天鵞色(びろうどいろ)・孔雀色(くじゃくいろ)とグラデーション☆




                                        あらららぁ〜

                                        今度は、私がぶっ飛ばす!!!




                                        お!!

                                        うふふふ。

                                        幸せな香りが左の鼻腔を喜ばせるものですから....

                                        饅頭をほおばりながら

                                        饅頭を片手に、カメラ撮影でございます。





                                        天鵞色(びろうどいろ)・孔雀色(くじゃくいろ)〜


                                        美しい〜〜〜♪




                                        ☆〜水翡翠色・時翡翠色〜とニッキ味のお饅頭〜☆





                                        水翡翠色(みずひすいいろ)


                                        時翡翠色(ときひすいいろ)


                                        おおお〜〜〜


                                        びゅーてぃふぉ〜〜♪♪♪






                                        花雨色(はなあめいろ)青月色「あおつきいろ)宇月色(そらつきいろ)
                                        絵空色(えそらいろ)〜大島紬誕生地・奄美大島・ネリヤカナヤシリーズ





                                        んじゃ〜

                                        次は〜


                                        大島紬誕生地・奄美大島の信仰、

                                        ネリヤカナヤ(沖縄ではニライカナイ)の色シリーズ



                                        花雨色(はなあめいろ)青月色「あおつきいろ)

                                        宇月色(そらつきいろ)絵空色(えそらいろ)




                                        っと!!


                                        ワルツ・よりこさんの色はじめ御見立てストールは

                                        絵空色となったのでございますが.....



                                        はい!

                                        よりこさんより

                                        こちらのお饅頭の色はじめ御見立てのほうが

                                        先になったのでございます。



                                        はい。


                                        はい。


                                        はい。



                                        失礼いたしました。



                                        ---
                                        おまけ- - - - - - - - - - 




                                        こちらは京都では有名な美味しいパン屋さん


                                        パン・オ・セック(ラスク)でございます。

                                        かっちんかっちんで歯ごたえも満足で美味しゅうございます

                                        ので、食べ終わってから色合わせ〜


                                        でございました。

                                        茶の色名は何て言うの?な方は

                                        ホームページのumu-waka色名辞典をご覧下さいませ〜。



                                        では〜。








                                        紅い夢〜時の経の幕が降りるのでございます。

                                        2012.12.17 Monday

                                        0

                                          蛹な日々は


                                          ストールをお見立てする


                                          夢ばかりを


                                          見ておりました。






                                          ☆〜紅祭色・kousai-iro & 韓紅香色・karakurenaikou-iro 







                                          あららあ〜


                                          みんな


                                          紅いストールばかりですね


                                          1、2、3人


                                          11人が


                                          紅いストールを


                                          まとっております。











                                          と。


                                          11という特別な数字


                                          そして



                                          紅祭色・kousai-iroの熟成した人生の再誕生の


                                          祝賀色の紅色。





                                           韓紅香色・karakurenaikou-iro 


                                          新しいステージ移行の


                                          心をサポートする紅色。





                                          新しい時の扉前でございましょうか?





                                          2012年時の経の幕が降りるのでございますね。





                                           

                                          umu-waka Exhibition @浜松 終了いたしました

                                          2012.12.13 Thursday

                                          0
                                             




                                            umu-waka Exhibition @ 浜松終了いたしました。

                                            皆様、

                                            たくさん

                                            たくさん

                                            ありがとうございました。



                                            時空を超えた浜松Exhibition初日でございます。ありがとう。

                                            2012.12.09 Sunday

                                            0




                                              umu-waka Exhibition @浜松

                                              irogasane〜経(ときの道)最終章・初日。


                                              まさに時の経。

                                              遠くに遠州灘をのぞむお部屋の窓からの景色は

                                              あちらの海と空の地平線彼方には

                                              黄泉の国でもあるのでございましょうか。










                                              夕焼けの光の柱も遠くまで伸び、

                                              今までの道すがらをついつい振り返ってしまいます。








                                              ありがとう。


                                              ありがとう。








                                              夜は

                                              地の物〜御祭りでございます。

                                              みかん胡椒で頂く、赤身のお魚のお刺身は

                                              美味しくて、ありがとうございます。








                                              溶岩の上で焼かれた三河牛の味噌焼き

                                              うましうましで

                                              ございます。







                                              まぼろしの杏仁豆腐と命名された杏仁豆腐も

                                              幻以上。と


                                              そんなこんなで

                                              ありがとう忘年会なお夕食。



                                              時の経に感謝し

                                              パラレルワールドなあちらにも

                                              感謝でございます。

                                              と。感謝で本日は泣きすぎたので

                                              脳がまわっておりませぬが......。





                                              明日も

                                              ありがとうございます。



                                               waka

                                              umu-waka2012日本巡業ツアー・最終地でございます〜♡

                                              2012.12.09 Sunday

                                              0



                                                umu-waka 秋冬全国巡業ツアーも

                                                最終地の浜松でございます。

                                                あ。

                                                2012年の巡業ツアーの最終ってなことでも

                                                あるわけでして。










                                                今年も

                                                たくさんの場所へおじゃまして

                                                たくさん、たくさんの出会いがありました。


                                                なんだか

                                                感慨深いのでございます。




                                                ☆〜札幌では私の名前と同じ名の木と出会いました〜☆






                                                それぞれの場所へ

                                                春夏&秋冬と年に2回ほど訪れておりますが

                                                今年は、みなさまの変容の早さに驚きつつも


                                                私自身も

                                                umu-waka Exhibitionのテーマに合わせてというか

                                                そのものとなり、

                                                変容続きでございました。



                                                ジェットコースターのごとくでございます。



                                                ☆〜春夏は美味しいフルーツ満載のギャラリーでございました〜☆





                                                さてさて

                                                最終地となる浜松も今年2回目でございます。

                                                あの暑かった日々から

                                                きちんと冬顔をした本日&明後日でございます。


                                                皆様との

                                                再会を楽しみにしております。







                                                今回は

                                                グランドホテル浜松の大きなお部屋での開催でございます。


                                                umu-waka初のホテル開催でございます。

                                                みなさま

                                                ごゆるりと遊びに来て下さいませ。


                                                ルームナンバーなど

                                                お問い合わせは 主催者のTakakoさんまで

                                                ご連絡くださいませ。


                                                浜松 グランドホテル浜松

                                                2012年12月9日(日)10日(月

                                                *完全予約制 

                                                り舞う空間 La Luce(Takako)まで

                                                 電話・090-6100-3310

                                                 la-luce@spa.nifty.com

                                                 



                                                 

                                                過去の置いてきぼりにされた愛の悲しい記憶を癒された....愛琉くんとのデートでございます。

                                                2012.12.05 Wednesday

                                                0





                                                  おねえたん



                                                  行こぉ〜 



                                                  行こぉ〜




                                                  (愛琉くんは一応、わたしのことをおねえたんと呼びます)








                                                  三歳になったばかり愛琉くんは


                                                  しっかりと私の手を掴んで



                                                  ぐいぐいと


                                                  御嶽のある山へと〜〜〜












                                                  りりあお姉ちゃんの大きめの靴を履いているので



                                                  靴が脱げそうで、


                                                  それでも


                                                  自信たっぷりに


                                                  握力満点で


                                                  あたしの手を


                                                  握って


                                                  放しませぬ。















                                                  小ちゃな愛琉にとっては


                                                  こんな仕切りの高さも苦難で、


                                                  私の手を放して


                                                  両手でパイプを掴んで


                                                  通れば、簡単に通れそうなのに






                                                  私の手は



                                                  しっかりと握って離しません。


                                                  にょえ〜〜涙ぁ〜。







                                                  ☆〜女の神様の拝所の前で一礼でございます〜☆







                                                  おう

                                                  おう

                                                  おう



                                                  今まで

                                                  何人の男たちが

                                                  あたしの

                                                  この手を放したことか....






                                                  くううぅぅぅうう〜



                                                  愛琉の

                                                  手の圧力に



                                                  過去の恋愛悲しな

                                                  冷てぇえ〜〜男達の顔が浮かぶ〜〜


                                                  おう


                                                  おう


                                                  あたしゃ



                                                  愛琉に


                                                  おうおう



                                                  癒されてるぅ〜〜













                                                  そして


                                                  力強い

                                                  愛琉は

                                                  私を先導して









                                                  右足はこっちにかけてと



                                                  左足はこっちと



                                                  つぶやきながら




                                                  しっかりと



                                                  登って行きます。











                                                  カラシナの花が咲き誇る



                                                  御嶽の頂上へ










                                                  愛琉は

                                                  朝ご飯用の

                                                  からし菜を積みます。









                                                  パパのまねでございますが



                                                  食料調達のデートでございます。


                                                  はいはい



                                                  Holly's Placeでの


                                                  デートでございます。













                                                  ああああ〜

                                                  羽衣伝説の

                                                  その

                                                  御嶽で

                                                  女の神様の

                                                  はからいで




                                                  過去の

                                                  「いいいい〜〜〜〜!!」っだな

                                                  男達をほうむることができました。

                                                  愛の戦士!!

                                                  愛琉ありがとう〜。




                                                  *おまけ



                                                  りりあお姉ちゃんのご協力のもと、変顔撮影でございますよ。


                                                  ☆後方に見えますのは長男の北斗くんでございます☆




                                                  ちゅうちゅう〜

                                                  でございます。





                                                  子供達は天使なのでございますよ。

                                                  2012.12.05 Wednesday

                                                  0




                                                    wakaちゃんが飛行機に乗って帰るから花束をつくるの。


                                                    と。


                                                    リリアがお庭のお花を積んでくれました。





                                                    お庭のお花がなくなっちゃうからいいよ。


                                                    と言うと、




                                                    いっぱいいっぱいまだ咲くから良いの。


                                                    いっぱいいっぱい種も蒔いたから


                                                    いいの。


                                                    wakaちゃんにあげるの。








                                                    ☆〜アメリカンスクールに通うりりあとのシリトリは楽しいのでございます☆






                                                    子供達の優しさに


                                                    何度、涙したことでしょう。



                                                    いつもいつも


                                                    天使たちのぬくもりや、


                                                    言葉や


                                                    やんちゃくれや


                                                    その日常に




                                                    私が知らなかったというのか


                                                    まだまだ無機質のままだった


                                                    心のその場所に


                                                    そっと


                                                    彼女達が小さな可愛らしい花々を


                                                    咲かせてくれます。






                                                    ☆北斗くんはお土産が袋からこぼれないようにとセロテープ!と売店のおばちゃんに。





                                                    検査場の中に入っても


                                                    wakaちゃん〜


                                                    wakaちゃ〜ん〜


                                                    と。




                                                    ハサミを手荷物に入れていたので


                                                    荷物検査でひっかかっている間も


                                                    手を振りこだまがつづく.....。


                                                    泣けるぜベイベーなのでございますが


                                                    検査は続くよどこまでも....。





                                                    なんだか


                                                    もうひとつの家族のようでございます。



                                                    愛とお笑いが溢れるぴーちゃん一家。


                                                    ありがとう〜♡









                                                     

                                                    umu-waka 今年最後の遠征でございます〜☆〜

                                                    2012.12.05 Wednesday

                                                    0

                                                      今年もたくさんの場所へとumu-wakaは伺いました。


                                                      ほんとうに


                                                      たくさんたくさん。


                                                      その度に、何か、ひとつずつ、ひとつずつ


                                                      その何かを拾い出す。


                                                      まるで、今回のExhibitionのテーマ


                                                      irogasane〜「経」


                                                      012年秋冬、新しい時代の幕開け2013年に向け人それぞれの「経」

                                                       

                                                      重ねてきた時の道ゆきを自身の積み重ねた感情の地層を観るとき。

                                                       

                                                      その中から最終章的に拾い出す智慧と功名〜




                                                      今週末は、遠征巡業ツアー締めくくりの浜松でございます。


                                                      日本の肚のの部位、そして龍のもと。



                                                      徒然


                                                      つれずれ


                                                      つれずれ


                                                      いろまとめ。



                                                      ご近郊の方、


                                                      また


                                                      タイミングがその時の方。


                                                      是非是非、


                                                      お越し下さいませ。



                                                      2012年12月9日(日)10日(月

                                                      浜松 グランドホテル浜松

                                                      *完全予約制 

                                                        光り舞う空間 La Luce(ラ・ルーチェTAKAKO)まで

                                                       電話・090-6100-3310

                                                       la-luce@spa.nifty.comにご連絡くださいませ。




                                                       

                                                      umu-waka Exhibition@沖縄〜えっさかほいさお笑い道場〜終了いたしました。

                                                      2012.12.03 Monday

                                                      0
                                                         


                                                        umu-waka Exhibition@沖縄〜えっさかほいさお笑い道場〜

                                                        終了いたしました。


                                                        皆様〜たくさん遊んでいただいてありがとうございます。

                                                        ふふ。また来月、沖縄へ帰ってきたくなる思いでございます〜。


                                                        みなさまぁ〜

                                                        聖なるセクシャリティーで美しくぅ〜☆


                                                        〜ありがとうございます。



                                                        umu-waka Exhibition @沖縄準備完了でございます〜☆

                                                        2012.12.01 Saturday

                                                        0



                                                          本日は、

                                                          大島紬誕生地の奄美大島の 島唄をかけながら

                                                          Exhibitionの準備でございます。

                                                          (午前中はオステオパシー施術を受けふにょふにょでございました)



                                                          エッセンスのぴーちゃんは、沖縄と徳之島のハーフでございます。

                                                          そして、ぴーちゃんのダーリンのたんたんは、

                                                          奄美群島の徳之島出身、徳之島育ちでございます。



                                                          奄美の島唄が流れ出すと、凄く嬉しそうな顔をして

                                                          ほっこりと笑顔を漂わせ....それが、私も嬉しくて....



                                                          奄美大島、琉球、薩摩。

                                                          太古の昔から、複雑な因縁の歴史があるものです。

                                                          深い深い、そして、未だにまだまだ根底にある様々な....




                                                          だからこそ

                                                          なんだか、沖縄のこの地で

                                                          大島紬のスピリットを受け継ぐumu-waka Exhibitionが

                                                          奄美の島唄の風のなか、開催できることが

                                                          なんて、なんて、素晴らしく、嬉しいことでございましょうか。



                                                          ストールの色達も

                                                          大島紬も、よてもとても嬉しそうでして



                                                          エッセンスの裏にある御嶽、羽衣伝説のある御嶽の神様達も

                                                          とてもとても

                                                          喜んで下さっているようでして。


                                                          感謝感謝でございます。



                                                          本日も楽し楽しなお笑い道場な楽園GO~GO~でございましたですよ☆

                                                          2012.11.30 Friday

                                                          0
                                                             ぴーちゃんハウス(ESSENCE963)には

                                                            毎日毎日、楽しいお友達が、たくさんたくさん訪れます。






                                                            ささっさ〜

                                                            今日のランチは、お弁当屋さんです。

                                                            沖縄は、内地と違って安くておいしいお弁当屋さんが

                                                            郵便ポストぐらいたくさんある文化でして


                                                            朝も早いところだと6時からOPENします。

                                                            おそばだって、テイクアウト。

                                                            朝ソバなんてもんも、コンビニで100円からあるのでございまして







                                                            私も仲良く、愛琉とお手てをつないで

                                                            お弁当屋さんへ。

                                                            そこへ、ひでちゃんからお電話ってなことで

                                                            大人数のお弁当を買っておうちへ戻ります。



                                                            先日のアセンションサミットの、森山麻太郎、お笑いビデオを

                                                            見ながら、何度も口からランチを吹き出しながら

                                                            ランチをわいわいしながら食べていると

                                                            オステオパシーのお客様がわいわいわい〜。


                                                            なんぞや

                                                            私もありがたいことにオステオパシーを受けることとなり

                                                            ワンコもニャンコもわいわいしながら

                                                            ランチを楽しんでいると


                                                            土日のumu-wakaのストールフェアには来られないから

                                                            来ちゃいました〜と、助産婦のカレンちゃんが

                                                            ストールをまといに来られました。


                                                            ☆〜ピカイチの変容の早さのエピソード続々な奄海色でございます〜☆





                                                            お!

                                                            奄海色・amaumi-iroが出てきました〜〜☆

                                                            ふふふ。

                                                            楽しい楽しい自身の個性を存分に表現でございますカラー



                                                            おおおおおお.....

                                                            10才若返る〜〜☆

                                                            お楽しみ好きなクルクル好奇心な表情が現れます。

                                                            はいはい!!

                                                            満場一致でこの御色に決まりでございます〜☆




                                                            と。


                                                            と。


                                                            と。


                                                            思ったら




                                                            ☆〜こちらもLOVEテーマのクリア効果絶大で人気な御色・姫紅色〜☆







                                                            時軸の少し先の方に

                                                            姫紅色・himekurenai-iro

                                                            笑って毒を盛る女になるべし〜色が見えるじゃあ〜

                                                            ございませぬか.....。


                                                            お。

                                                            お。

                                                            お。


                                                            まとってしばらくすると

                                                            姫紅色がカレンさんの中に入り込みます。



                                                            おおおお。

                                                            お。


                                                            おおおおおおおおおお。

                                                            奇麗〜〜〜

                                                            キレイ〜〜〜

                                                            キャア〜〜〜〜ァぁぁああああ〜〜



                                                            ギャラリーも大騒ぎになるほど

                                                            美しい女性が吹き上がります〜〜〜☆


                                                            はいはい

                                                            そこから

                                                            ストールデコレーションのファッションショー

                                                            七変化が始まるのでございます。


                                                            そして

                                                            そして


                                                            姫紅色wide&人生のブースト効果なSLIMストール

                                                            奄宇海色・ousoraumi-iroの2色コーディネートで

                                                            はいはい〜〜

                                                            完了でございますぅ〜〜☆



                                                            ☆〜古武道KAIくんもお誕生日プレゼントを持ってこんばんは〜☆




                                                            ままま

                                                            そしてそして

                                                            そのギャラリーの女子3名中〜2名が(+ワンコ1匹)

                                                            が、

                                                            ありゃまあ〜

                                                            名古屋市のありゃありゃ〜うちのご近所に

                                                            数年前に住んでおられたとか、うちの着付けの先生やら

                                                            人生の要となった場所や人がちかしい〜ちかしい〜で

                                                            驚きでございますよ。

                                                            ままま 

                                                            ままま

                                                            ままま

                                                            その個人情報的に驚くほど、近い人々だったのございまして

                                                            詳細ははぶきますです。



                                                            ☆〜晩ご飯はタンタンパパのおいしい手料理でございます〜☆



                                                            まま

                                                            そんでもって

                                                            施術を受けたオステオパシーの先生も

                                                            ありゃありゃまあまああ〜な

                                                            ことでございまして。。。。



                                                            しているうちに

                                                            タンタンぱぱの手料理で晩ご飯〜〜。

                                                            裏山の羽衣伝説のある御嶽(うたき)に自然に生息しはじめた

                                                            カラシ菜をベースにしたお料理を

                                                            うまうまと食べながら、







                                                            はいはい

                                                            1日遅れのバースデープレゼントを持ってやってきた

                                                            カイくんもチャーミーも揃って大人数で、

                                                            またまた年末恒例のぴーちゃんハウスのかくし芸大会

                                                            のビデオを見て笑いすぎて意識もうろうで

                                                            ご飯を食べ食べ〜〜







                                                            そんな中、

                                                            愛琉くんは

                                                            頂いたお誕生日プレゼントの美味しいお菓子を

                                                            Tシャツの裾を丸めて作ったポケットに詰め込んで

                                                            みんなにお裾わけです。









                                                            感謝を込めて

                                                            愛琉くんは、アンパンマンのシールを一個一個に

                                                            貼ってのお祝い返しでございますよ。

                                                            (泣けるぅ〜〜かあいい〜〜)










                                                            ってな

                                                            ことをしているうちに

                                                            夜もふけ、子供達はお休みタイム〜〜なんて

                                                            思っていると、ヨッシーがプレゼントを持って

                                                            やってきました☆







                                                            はいはい


                                                            真夜中のライブとなりました。


                                                            はっぴ〜ばあすで〜〜つう〜ゆ〜〜♪♪♪









                                                            はいはい

                                                            満月開けのお月様は


                                                            今日も満点キラキラ

                                                            笑顔でおやすみなさい〜と

                                                            楽しげに言っておられるので

                                                            眠るとしますかね。



                                                            はいはい

                                                            明日は

                                                            ストールフェアの準備で〜

                                                            いそがし

                                                            いそがしでございますからね。





                                                            長あ〜〜ぁぁ〜い1日でございます。はい。出版記念&誕生日で大阪名古屋で沖縄でございますよ。こんちゃん☆

                                                            2012.11.29 Thursday

                                                            0




                                                              本日は、

                                                              自身の書籍の出版記念パーティー用にumu-wakaストールを〜!

                                                              と大阪から高速をぶっ飛ばして、

                                                              ひふみ神示 著の宇咲愛さんが、umu-wakaのサロンへ

                                                              朝一番にお越し下さいました。







                                                              素敵なご主人と一緒で

                                                              うっとりするほど、素敵なお二人でございます。






                                                              ご主人の

                                                              薔薇紅下黒色の白泥染ストールも、

                                                              とてもとても素敵でございます。






                                                              愛さんの仁蒔絵色・hitomakie-iro

                                                              なんてもんは、

                                                              自家発電(まとうと自身から溢れる色)が、

                                                              まああ〜〜

                                                              なんてったて

                                                              美しいピンク色が溢れ出るのでございまして

                                                              女神様のようでございます。







                                                              んでもって

                                                              太陽色・teriaya-iroもにゅお〜〜んと

                                                              陰をも美しい光色に変えてしまう

                                                              そのニュアンスと、そこから溢れ出る言葉達に

                                                              あれほれ〜あっぱれ〜〜と

                                                              ああ〜だこ〜だと

                                                              お話をしている間に


                                                              ☆〜機内持ち込みのバッグの山は全てOILILYで私が クリスマスツリー☆






                                                              お!

                                                              お!

                                                              お!!!!


                                                              出発の時間〜〜〜〜☆











                                                              今度は

                                                              私が高速をぶっ飛ばし

                                                              飛行機へGO〜〜〜☆

                                                              JTA JTA JTA〜〜〜


                                                              っと!!!

                                                              んでもって

                                                              那覇空港へ無事到着で

                                                              やっと。

                                                              ほ。

                                                              ぴーちゃんお迎えで

                                                              にっこにこ。










                                                              はいはい

                                                              今日は

                                                              ぴーちゃんの次男の愛琉の3才の誕生日でございます。








                                                              この人、知ってる。

                                                              大好き〜〜。

                                                              たくさん泊まって行ってね〜

                                                              と長男の北斗君に、こんな風に出迎えられ

                                                              あたしゃあ〜〜

                                                              もう

                                                              もう

                                                              メロメロで

                                                              ございますよ☆







                                                              おいしいケーキも

                                                              可愛い3本のローソクも

                                                              楽しいプレゼントタイムも

                                                              ありゃありゃ

                                                              まああ

                                                              まああ〜〜





                                                              スマホ & 

                                                              iPad &

                                                              ビデオ &

                                                               デジカメ


                                                              ほほほほ

                                                              平成の世の文明は開花しておるのでございます。









                                                              はいはい


                                                              そして

                                                              今晩は

                                                              満月でございます。



                                                              ぴーちゃんダーリンが

                                                              火をおこし

                                                              満月メディテーション


                                                              長い長い

                                                              1日が

                                                              終わりましたです。







                                                              外人住宅のバスタブは

                                                              ハイカラで湯船で寝そべると

                                                              溺れそうなのでございます。


                                                              外人住宅の素敵なお住まいなぴーちゃんハウス。

                                                              外人さんは、やっぱりでかいんだな。

                                                              なんて思いながら


                                                              湯船で

                                                              深夜。


                                                              昨年の今頃は

                                                              入籍間近、7月4日に出会って12時間で

                                                              プロポーズされたその人と、沖縄と名古屋の

                                                              半々生活を....ってな予定でおりました季節でございました。


                                                              と。

                                                              今は、

                                                              一人で生きると決め

                                                              温かな家族のぴーちゃんハウスで

                                                              その

                                                              沖縄でお仕事にきている

                                                              自分を、その時間を

                                                              不思議に感じながら

                                                              色々と

                                                              ぶつぶつと

                                                              思いふけるのでした。



                                                              はいはい。

                                                              もうそろそろ寝ましょ。

                                                              長い1日の終わりでございます。