新作の白泥染めストールができ上がりました。

2013.05.10 Friday

0

    新作の白泥染めストールができ上がりました。







    極上の麻糸を極限まで細く撚りあげる!!


    甲斐の国の職人さんのプロ根性で作り上げた


    「極上の麻ストール布地」がやっと完成しました。



    軽くて温かな肌触りが良いという大島紬の特徴を


    心地よいストールで現すためには、この職人さんの生地


    しかないと、そして色を生かすのも.....


    この職人さんしかいない!!




    と極上の糸にこだわった


    ストール生地もumu-wakaの特徴ですが


    こだわり職人は、極上の麻を、ある意味、一番茶のような


    感じでしょうか、麻の一番美しいところだけを使い極限まで


    糸を細く撚り、織り上げる研究に長くかかり


    やっと誕生です。











    そこへ白大島紬の極上品に施された



    白泥染めを施しております。




    この透明感と軽さは、身震いする程です。




    5月17日からの神楽坂のExhibitionでお披露目です。





    生多良が監修する紬紋の陶芸家仲間の志光窯さんの作品






    白泥染めの原料となる泥は



    白薩摩という陶器の原料となる粘土質の泥です。



    昔、島津の殿様,島津義弘が唐の国から陶工職人を呼びよせ



    制作した白薩摩焼は、島津の殿様専用の陶器でした。







    鉄分の多い奄美大島の泥田 クリック→大島紬の作業工程






    大島紬の泥染めといえば、奄美大島の泥田がなければ



    染められないもので、茶褐色の黒が有名ですが、




    この白泥染めは、高級な極上の白大島、色大島にだけに



    施されるもので、コストがかかるために近年、



    消えゆきそうな染めです。



    この白泥染を極上の麻生地に施しました。







    ....................................................................................................



    薩摩焼




    薩摩焼は大きく白薩摩と黒薩摩に分けられます。


    気品がある白薩摩は藩主の御用窯から発展したもので、


    象牙色の表面に貫入といわれる細かなヒビが


    入っているのが特徴です。


    白薩摩


    黒薩摩




    黒い光沢を持ち素朴な温もりを感じさせる黒薩摩は、


    庶民のための生活の器として使われておりました。



    と、薩摩焼の説明終了です〜。



    .............................................................................................................




    遠くの時代の職人達の魂も詰まった結晶のようなストールです

    白泥染め麻ストール ¥51,500(税込価格)








    日本の織物産地は、高度成長期にともなって、



    商社や問屋から叩かれ、海外の安価な素材に押され、



    苦難な時代に廃業する工場も多く、今、残っている織物の産地は



    技を磨き...。切磋琢磨。技を智慧を使い



    その叫びにも似た、鋭角に研ぎ澄まされた技の塊が



    今の



    日本に残る織物達。



    だから美しいのだと思います。





    栄華な時代を経験し、そして零落をとおり



    その時の経が



    そのものの奥行き、奥深さを感じさせ



    神聖ささえ佇ませる。





    その中でも大島紬も同じく、


    そして、甲斐の国も同じく。





    この白泥染めの極上麻は、その人生の汗、職人。



    そして、ずっとずっと彼方、遠くの時代の職人さんの魂が



    詰まった結晶のようなストールです。





    1