時の感触

2016.11.08 Tuesday

0

    スクリーンショット 2016-11-08 13.54.02.png

     

     

     

     

     

    この写真は5年前、

     

    名古屋のアトリエで次のシーズンのExhibitionテーマを考えている時に、

     

    天井のランプシェードを遊び心で撮ったもの。

     

     

     

     

     

     

    この頃は、たくさんの時間を自分の自由で使っていた。

     

     

    今は、半分は家族のための時間なので、いつも焦って緊張して悲しくなったり爆発したり。

     

     

    ほんの5年前のことなのに時間の感触は変わる。

     

     

     

     

     

     

     

    天鵞色・biroudo-iro

    次に用意されたステージへ続く天鵞色、ビロードの絨毯を背筋を伸ばして歩く時。そんな思い出生まれた色。

     

     

     

     

     

     

     

     

    この写真は、4年前のExhibitionの時の写真。

     

     

    遊び心でランプシェードの写真を撮りながら、このExhibitionのテーマを思っていた時の

     

     

    そのExhibitionの時の写真。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Exhibitionテーマは「時重ね・花重ね」だった。

     

     

    色々な時を、経を重ねて生き延びている。

     

     

    そんな「時の経」に感謝していた時だった。

     

     

     

     

     

    不治の病から生還した母。

     

     

    umu-waka立ち上げ時の苦しい嵐の風が止み始めた頃だった。

     

     

    そして次に向かう、新しいステージを観ている時だった。

     

     

    そうだ。恋も始まった頃だった。

     

     

    遠くに新居をもう一つ作ろうと幸せいっぱいの頃だった。

     

     

     

     

     

     

     

     

    14990900_1305825536134893_5209028623017512362_o-1.jpg

    左:孔雀色・くじゃく  右:天鵞色・ビロード

     

     

     

     

     

     

     

    この色は対のような色。

     

    孔雀色は、奄宇海色(おうそらうみ)の濃度を上げて高温で長時間煮込んだ色。

     

    変化、決断の時を前に自身とのコミュニケーションが忙しい時。

     

    勢いと感情を武器にして現状を自身の手で選択決断に流される時。

     

     

     

     

    天鵞色(ビロード)は、奄海色(あまうみ)の濃度を上げて高温で長時間煮込んだ色。

     

    自身の未来から来る感性、価値観を具体的に描き始める時。

     

    次に用意されたステージへ続く天鵞色、ビロードの絨毯を背筋を伸ばして歩く時。

     

     

     

     

    どちらもターコイズブルーを深めた色で、

     

     

    隠れ赤色がある色。

     

     

     

     

     

     

     

    14937277_1306475622736551_2230006482158150660_n.jpg

    孔雀色・kujaku-iro

     

     

     

     

     

     

    このどちらの色もそうなんですが

     

    この色のストールを選ばれる方、この色が、

     

    特に孔雀色の嫁ぎ先は、

     

    引っ越し、退職、離婚など、特に早い方は、午前中に退職届を出して午後一時に孔雀色を迎えたという

     

    なんとも、具体的に日常が大きく動く方の元へと嫁ぐストールです。

     

     

     

     

     

     

    隠れ赤。

     

    そして自身の個性、キャラクターを表すターコイズブルー。

     

    より自分らしい世界、環境への移行のために歩き出す色。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2011年の夏に自由を感じながら、自分の時間を思いっきり好きなように使っている頃に

     

     

    2012年の春のExhibitionの色を思い、自身の形をやっと一つ作り出した2012年Exhibition。

     

     

    時重ね・花重ねで天鵞色のストールを纏っていた私。

     

     

     

     

    あれから恋を終わらせ、自由に無尽蔵に自分のために使っていた時間の空間から

     

     

    実家、母の元へと引っ越し

     

     

    あのメロウな時間の感覚が若かったと感じる今日この頃。

     

     

    全ては天からの計画通りなんでしょうが、運命がひっくり返るような人生で一番大きいんじゃないかって

     

     

    ルーツ開示な出来事も時も過ごし今がある。

     

     

    孔雀色の洗濯機の中にでも入っていたような。

     

     

     

    今は、その不自由さの中の緊張感と爆発。

     

    そして赤を調合しないと進めないような時もあり。

     

     

     

    あ!赤は、止まれでもありますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    孔雀色も天鵞色も、染めるときは、

     

    長い時間、火にかけて最後に赤が入って完成する。

     

     

    そろそろ私自身も仕上げかしら。

     

     

     

     

     

    1