際色の果て

2016.08.27 Saturday

0

     

     

     

    水溶性の青味がかった銀色は、内包する水球の被膜を持つ。


    9月中旬以降の空からやってくる色。


    umu-wakaの夜迎色と絵空色の間の加減を持ちながらのシルバー。

     

     

     

     

    その懐を母性の、濃い紺色が培養する。

     

     

    1