一つの季節

2016.02.27 Saturday

0

    沼縄色・nunawa-iro
    奄宇沫色・ousoraawa-iro



    今日の私の心に届く色は、この二色のハーモニー。


    変わること、変わって行くことは、人の意図や意志の及ぶ範疇では制御も操作もできないと。ただ、事象を見る。受け入れる。

    若い頃のようなウエットな感情を揺るがすような、そんな隙間は、川の水が蒸発するように、その目の前にはなくて。

    春夏秋冬、季節を受け入れるように、その有様を祝福することとして務める。

    古い自分の感情をも遠くに見るように。

    そしてその遠くの感情の中に生き続ける愛情や優しさに託す。



     
    1