Edible Designのお勉強が始まりました。

2015.11.18 Wednesday

0
    25年来の、私にとってのインテリアの師匠・松澤さんとのご縁は

    本当に絶妙です。不思議に不思議に救済されるは、

    冗談がキツネさんがつまんだような偶然でご縁が続いている。

    不思議なご縁←クリックです。





    IMG_7044.JPG
    http://nanobacterium.jp



    今年9月末に松澤さんのナノバクテリウムで開催された

    タイニーハウス&ツリーハウスのワークショップに参加し、お勉強の後、

    松澤夫妻と歓談中にわかった、うちの実家のリノベーションの問題ポイント。

    その後、1泊2日で松澤さんが犬山へ来て、地学的にもメンタルも含めて

    カウンセリング&会議会議。エディブルデザインの多角的な

    3D4D的な可能性を感じ、実家のリノベーションは、一反諦め

    エディブルデザイン、パーマカルチャーの哲学から

    小さなお家を造ることに決めました。




    IMG_7040.JPG
    Edible Design講座1:野生のエディブル、その辺に生えている雑草を食べてみる

    IMG_7052.JPG






    しかしながらエディブルデザインって何?なんですよね。

    十数年程前、松澤さんのパーマカルチャーでデザインされたご自宅に伺い

    パーマカルチャーのお話を聞き、私も勉強をしようと思ったのですが、

    その当時は、難しすぎる学者向けのような書籍しかなくて

    諦めたのでした。



    IMG_7058.JPG
    松澤さんのお店全体の天井にあるパッションフルーツは、太陽のエネルギー
    だけで、空気清浄機、加湿器、エアコンのような役割をします




    今回は建築に入る前にエディブルデザインを学ぶために


    1週間コース、2日間スパルタ教育を受けるかと悩みましたが

    じっくり1年間、ワークショップに通い、人とのコミュニケーションの

    中から生まれるものも楽しそうと、1年コースを選びました。

    今回の9期生は、スキルが高い人ばかりだからと

    1時間ほど、予習を受けての参加です。



    メモを取ろうとすると、

    「取らなくていいよ。単語も覚えなくていいよ。

     感じる事が一番大事よ〜。」 と。 





    IMG_7042.jpg
    IMG_7043.jpg

    椎の実の美味しさに食が止まらなくなる...。
    目の前にあったヨモギを箸休めにと
    こっそりと食べたら、椎の実との相性ばっちりで旨し!!!
    食べ合わせが良い植物同士は、植え合わせも良いとの事。


    IMG_7045.jpg


    いやはや

    いやはや

    素晴らしい世界が目の前に。

    奥が深すぎるので、消化したら少しずつアップしていきましょ。



     
    1