夜明け前

2017.05.26 Friday

0

     

     

     

    夜明け前は一番暗くなるというが、昨晩までは、真っ暗けっけの闇夜だった。

    師匠の病気で失敗してムラになった200枚ほどの色直しは、臭いが出るので真夜中の仕事。

    ここ数日、真夜中に息を潜めて仕事をしていた。

     

    夏至までに全て完了させて次に進みたい。と必死だった。

    しかし、相当辛くて涙、無情を通り越して凹でいた。

     

    ここを超えたら真っさらな、その大海原が見えるのだろうか?

     

    キリがないから、サンプル染め用にし脱色して終わりにする!と諦める。

    これだけ、たくさん、試し染めが出来る!ん!きっと、これは卒業制作なんだ。

    自分の心を整理するように、投稿しようかと思って開いたSNSには新月の投稿が。。。

    新月ジャスト55分前だった。

     

    いつもは新月、満月は必ずチェックしているのに、それさえ忘れて没頭していた日々だった。

     

     

     

     

     

     

    しかし、新月ジャストを過ぎたら、色んなものが消えてスッキリと軽くなった。

     

    自身の中が折り合いをつけて行った。

     

    不思議なほどだった。

     

     

    New Being

    2017.05.19 Friday

    0

      スクリーンショット 2017-05-19 2.25.26.png

       

       

       

       

      22年来の友人が東京から京都へ居を移し4年。新しいギャラリーをオープンすることとなり

       

      オープニングパーティー&SiddさんとSatokoちゃんのExhibitionへと出かけた。

       

      友人の仁美ちゃんとは一白水星、卯年の同じ歳。

       

       

      世の中の流れ、そして人間としての時の流れの中、何とも答え合わせのようにお互いを見て来たように思う。

       

      お互い全国出張、なぜか出張先で約束なしで偶然一緒になったりと。

       

      30年住み慣れた東京から京都へ。私は22年住み慣れた名古屋から故郷の犬山へ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      彼女の新しいギャラリーは京都二条城近くに。そして私は国宝犬山城を目の前にアトリエ。

       

      何とも、彼女の新しい門出のお祝いが嬉しくて、札幌の友人と共に京都入り。

       

      札幌の友人も、同じ歳。そして、また珍しいことに、前職がデコレーターと同じだ。

       

      世の中に、元デコレーターは、日本の人口の何パーセント?希少な偶然だ。

       

      デコレーターとは、百貨店、商業施設、衣食住諸々の飾り付けやお花のアレンジやオブジェ作りなどをする仕事で

       

      女性が99%。そんな中、群れることを嫌い(笑)、何か新しいチャレンジをと険しい道ばかり選ぶ質が同じで

       

      「懲りないね〜。」でコリン族。

       

       

       

       

       

      18341981_1502127176504727_1894832375805947603_n-1.jpg

      札幌:修子ちゃん 京都:仁美ちゃん 犬山:私

       

       

       

       

       

       

      仁美ちゃんの新しいギャラリーへ行く途中に、憧れ先輩、龍さんとも一緒になり

       

      ギャラリーに着けば、大好きな顔もいっぱいと、お祝いを忘れて楽しくてしかたがなくて

       

      はしゃいでしまった。いつも籠っての染めと田舎での家事の繰り返しで、華やいだ場所は久しぶり。

       

      大切な友人の門出のお祝いで出かけた私は、まるで、田舎から親族の結婚式へ出かけてきて喜んでいる

       

      叔父さんみたいだった。

       

       

       

       

       

      18402762_1407093112647068_8063251200417504175_n.jpg

       

       

       

       

      オープニングパーティには、先をカッコよく行く姐さん方、アーティストがいっぱいで、

       

      さあこれからの時代、本番を前にどう描いていこう。いや、本番は何度も何度も繰り返し訪れるような気がするが、

       

      万華鏡のように、それぞれの生き方、表現のこと、それ以上のbeingを見る。

       

       

       

       

       

      18402613_1406966055993107_8059053744360164821_n.jpg

      写真家のSatokoちゃん  画家のSidd  オーナーの仁美ちゃん