とっぷり実験室におりました。

2017.02.25 Saturday

0

    16729312_1252075074884825_3691746753918091641_n.jpg

     

     

     

     

     

     

    お誕生日が明けた頃から、アトリエは実験室になっておりました。

     

    2013年にくも膜下出血で倒れた師匠の生多良が昨年から体調を崩し、暫くは、こちらのアトリエで染めて行くことになったので、

     

    染め場を改装ということで、電ドルを片手に材木と格闘しながら、大工仕事をしていたのですが、

     

    染めたい欲求がおさまらず、改築途中で染め始めてしまいました。

     

     

    16664979_1410994045618041_8231295484853625525_o.jpg

     

     

     

     

    大島紬ならではの染め、白泥染の染料は廃盤になることもあって、泥や鉱物、顔料の染めの研究の結果

     

    イオン処理で染められるようになり、欲が出て、全国のいろんな色の土や鉱物を染めたいと思い、実験が始まった。

     

    理科の実験室のようになった染め場。

     

    泥や鉱物のまた、その化学式までに及び、そして、グーグルマップで見る航空写真に映る、そこかしらの土地の土の色に反応して

     

    してしまい、その土地の歴史まで調べたくなる。また、化粧品の粉にまで手を伸ばし始め、何かに取り憑かれたように

     

    染めながらインターネット検索をしたり、学術書を取り寄せる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、色物も洗濯堅牢度(色落ちなどのケア)が以前よりも高い染料への変更。この染料は、本場、京都の友禅の染め工場

     

    でも使用されていルものですが、以前、京都で染色を学んでいた頃から使っていた染料でもあるのですが、

     

    一からその一色一色の質や癖を知るために研究です。

     

    染料も、製造年月日の違いで、微妙に癖が違うので研究です。と言いながら、実験自体が楽しくなって止まらなくなっておりました。

     

     

     

     

     

    16649378_1252077411551258_4560465807685243115_n.jpg

     

     

     

    そして実験器具のビーカー、試験官、シリンダー、スクリュー菅などなど、その器具の美しさにもはまり

     

    さらに実験器具を取り寄せたら、試験官100本が割れて納品される。

     

    これは、そろそろ現実に戻れということなのだと気付き、実験を中止してストールを染めておりました。

     

     

    なんでも深掘りしたくなる質。

     

    しかしながら、まだ自分がどこへ到着するのか?着地点は見つけられないままなのですが、それも気持ちがいいような。

     

    色んな、様々な色を染めて行くうちにきっと着地する場所が見えてくるのでしょう。と。

     

     

    色探求の美学

     

     

     

    客観的世界と主観的世界〜チームラボ

    2017.02.08 Wednesday

    0

      16409654_1304347566254957_1416091841_o.jpg

       

       

       

       

      2月1日の誕生日当日は、地元の神社参拝の後は、

       

      「チームラボ★アイランド踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」

       

       名古屋市科学館へと。  チームラボ

       

       

       

       

      16425302_1304347546254959_151640990_n.jpg

       

       

       

       

      チームラボアウランドは、最新のテクノロジーを使い共創(共同で創造的な)体験ができるアート展。

       

      来場者は映像アートの中をスマホ片手に、写真を撮りながら各スペースを体感しSNSに投稿する。

       

      体感アートの後、もう一つの次元への投稿でまたアートが広がっていく。

       

      スマホ環境も進化して、今の時代は誰もがクリエーターだ。

       

       

       

       

       

       

      IMG_4879.jpg

       

       

       

       

       

      ギャラリーを営む友人の今村仁美ちゃんとは、

       

      21年前オーラソーマカラーセラピーのレベル2のコースで知り合った。

       

      現在オーラソーマのティーチャーでもあり数々のアート展を主催。

       

      彼女は、融合したアートとヒーリングを日本で彼女スタイルで表現している。それはずっと変わらぬ彼女のテーマ。

       

      もともと、アートとはそういうものでもあるが、現在の日本では、まだその領域が成熟していない。

       

      表現スタイルは違うけれど、私も彼女も同じ方向を描こうとしていると思う。

       

      それも「極」を目指しているので、中々、道のりが長い。

       

      編集されたアート的な商品や、上っ面の言葉で型押しされたモノやコトなんて興味がなく、アイディアだけを

       

      なぞった、なんちゃってなものを毛嫌いする質は、生き方も楽しみ方にも同じ線状にあるので

       

      まあ、一般よりは浮いているので21年前のオーラソーマのコースの時から、異端児同士、よく遊んだ。

       

       

       

      しかし、同じベクトルを向いているので思い以上のことも

       

      共有できるので、楽しく、そして遠くへとそして螺旋のようにクリエィションが広がる。

       

      そして今、熟した季節を前に、自身の表現スタイルも純度を増し、本番の幕前。

       

      今の私たちの中で、このチームラボアート展で、全力で遊ぼうとスタートダッシュをきった。

       

       

       

       

       

      第1ゾーン

      http://exhibition.team-lab.net/nagoya/art/art03.html

       

      IMG_4890.JPG


      古典的な日本画のような世界の映像、美術の波、自然に対して畏敬の念のような波や海の3次元空間上に

       

      立体的に構築された映像が流れる中、立体的な画面の前にクッションが置かれ、自由なスタイルで観る。

       

      IMG_4886.JPG

       

       

       

      客観的世界と、主観的世界

       

      IMG_4892.jpg IMG_4891.jpg

       

       

       

       

       

      どうこの映像の中で一体化するのだろうか?トランス状態へ自分を誘導するかのごとく、画像の中に自分を誘う。

       

      仲良くくつろぐカップルもいたが、皆、この映像の中での体験をと画像に集中していたように思う。

       

      私の隣の席が空き、お母さんと小学3年生ぐらいの女の子が座った。

       

      お洒落さんで可愛い女の子は、動く波を追いかけて画面の前で遊び始めた。

       

       

       

      「まぁ〜可愛らしい。この無邪気さが大人にも必要なんだわ」と、左脳が常識的に自分に呟く。

       

      しかし、女の子はずっと画面を右へ左へと行ったり来たりしながら、自分パフォーマンス。

       

       

      少し集中力が途切れるな。いいのかな?なんて感じ始めたとき、

       

      どうも、彼女は自分が可愛いって知っていて、みんなの注目を意図的にしているようだと、その振る舞いや

       

      表情の中に感じた私。

       

      もし、私が彼女の隣に行って、一緒に画像の前で同じことをしたら、彼女は不機嫌な顔をして席に戻るのだろうか?

       

      戻ったら、彼女の「思惑」は証明されるのだろう。なんて意地悪的な考え方。

       

       

       

       

      しかし、それぞれの主観。

       

      私の視点から見るとそれであって、彼女の視点から行くと、大人たちの注目する視線

       

      見えるわけで、それでも、遠近法で全体像を見ると、

       

       

       

      それは全て、一つ一つのデザインパーツのような

       

      この立方体のブースの画像の、そのアートの一部。

       

       

       

      少女の「みんなから注目されて嬉しい」という感情も、

       

      私のような意地悪な思いも、

       

      周りの大人たちの「可愛い〜」て思う人

       

      それぞれの感情の色も、全てアートの一部。

       

       

       

       

      動きも感情も、全てアートの中のモチーフでしかすぎない

       

      存在する私たちは、その画像の中の色であったり、その形でしかない。

       

       

       

      日常にある営みも同じなんだろうな。

       

      テレビのニュースの中の出来事も、隣の家の晩御飯も、ワンコやニャンコが遊ぶ風景も。

       

       

       

       

       

      IMG_4884.JPG

       

       

       

       

      常識によって固定化された現代の客観的世界と、主観的世界。

       

      主観的世界で見れば、忙しく時間がないときに、メールの返信が多少、遅れたって問題はない。

       

       

       

      それぞれの事情は、地球規模、いや、宇宙から見た遠近法の中では、

       

      デザイン、モチーフの一つであると

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      第2ブース

       

      16425542_1304347816254932_1092014830_n.jpg

       

       

       

      このブースでは、画像の上から降りてくる象形文字をタッチすると

       

      その象形文字の物語が画面上に広がる。

       

       

       

       

      o0480064013859046352.jpg IMG_4902.jpg

       

       

      こちらは、

       

      また改めて、ブログにしましょう。

       

      今、ここへ戻ってこられたプロセス、そして染めることへの今に繋がっておリますので長くなりそうですから。

       

       

       

       

       

       

       

      さて

       

      チームラボのアート展では、他にも楽しく遊ぶことができるブースがたくさんあります。

       

      無邪気に遊んで、話題のクリスタルのインスタレーション。

       

      平日だというのに

       

      混み合うブースは、前へ進めとのインフォの中。

       

      立ち止まらないでくださいのインフォが続きに続くので、ただ、写真を撮って過ぎるだけ。

       

      インスタにも#チームラボでたくさんの投稿写真。

       

      時代の流れ、トレンドということでしょうか?

       

       

       

      デザインをすること、DIYを楽しむこと、今まではプロフェッショナルな分野が一般化している。

       

      だからこそ、デザイン関係を仕事関係者も進化をしなくちゃ行けない時代。

       

      アイディアだけでは続かない時代。

       

       

       

       

       

      IMG_4914.jpg IMG_4931.jpg IMG_4913.jpg

       

      IMG_4924.jpg IMG_4921.jpg

       

       

       

       

       

      十分に楽しんだチームラボから、1週間を過ぎた頃、

       

      そのメッセージ性は、自身の中で消化され、自身の価値観や言葉が生まれる。

       

      それがアートだと思う。

       

       

      しかしながら、受け取り手の感性によっては、SNS用のコミュニケーションツールだったりする。

       

      それぞれの視点で、いろんな受け取り方があってこそ、その自由さがアートでもある。

       

       

       

       

      客観的世界と主観的世界だなと。

       

       

       

      新時代突入で、降り立った円谷プロの円盤宇宙ステーションから、昭和生まれの私たちは

      未来のアート、自身のアートを探求するために飛び立つのであった。

       

      IMG_4878.jpg