夕凪色に見守られて〜。

2016.09.27 Tuesday

0

    夕凪色(ゆうないろ)

     

     

     

     

     

    つくづく新しい世界、新しい未来の価値観へと自身を開いて行く時なんだなぁ〜と感じる。

     

    それは新しいご縁や、以前からあったご縁の中で気になっていた方々と芋づる式に

     

    懇親し合う会合に参加する事になったり、またそこから新しい楽しいご縁が

     

    未来の楽しい夢をクリエイトさせる。

     

    そんなご縁の景色を感じながら、自身の時を観る。

     

     

     

    そして

     

    全て、今までの価値観や生きてきた宝のような時間があるからこそ、融合していく可能性を

     

    観るのであろう。

     

    時代は変わる。

     

     

     

    過去への慈しみ、

     

    真正面に真摯に生きて来た、心を、肉体を、魂を寄せ合い、向き合ってきたその時代が優しく

     

    その優しさの、長い長い積み重ねた時が、新しい時代へと後押しする。

     

    その優しさに郷愁のような、帰りたいような、

     

    その重ねて来た優しさに心は凪ぎ立つ。

     

     

     

    以前、染めた夕凪色(ゆうないろ)は、まさしく今の私の心の中にあるひとつの色。

     

    育み、育まれ、母親のような温かな笑顔が、

     

    セピア色の世界の中に生き続けるその笑顔が遠くの時間軸の合間からこちらをみる。

     

     

     

     

     

    CIMG6784.jpg

     

     

     

     

     

    古い中国の風習、纏足(てんそく)、

     

    若い頃は、自身を小さく見積もらないで、

     

    自身の心に纏足を履かせて小さくまとまらないで、窮屈な靴の中に可能性を封じ目込めぬように

     

    と、果敢に一歩一歩進んで来た。

     

     

    それと共に、普通への憧れも持ちながら。

     

     

    クリック→ 纏足(てんそく)

     

     

     

     

     

    今は、

     

    この今の年頃になって、纏足さえ意識していない、

     

    その比喩さえフィットしない自身の心になっている事に気づく。

     

    もしや等身大に近づいたのか?いや、力が抜けたのかもしれない。

     

     

    まだ観ぬ、想像をもしえぬ

     

    その未来の景色がとても楽しみになってきました。

     

     

     

     

     

     

     

    ...................................................................................

     

     

    昨日はそんなことを感じながら午前様。

     

    9月26日は、毎年、名古屋の暴走族のお祭りの日だったようで、

     

    午前様の名古屋市内は、警察と暴走族の戦場。その戦場を越えて帰路についた。

     

    たくさんのギャラリーがヒシメク大きな交差点で、暴走族より覆面パトカーのドライブテクニックが光り

     

    警察もお祭りを楽しんでいるように感じた。

     

     

    化石のような価値観と感じていた暴走族も同じ時代を生き続ける。

     

    多次元カオス。

     

     

    30年続けば、それは文化となると師匠の大島紬染色家・生多良は言っていた。

     

    暴走族も高齢化の波だと聞いていたが、これも続く日本の文化になるのでしょうか。

     

     

     

    新しい、感じた事がない未来の予感を感じながら帰る時の

     

    その煙立ち上る暴走族の景色と街灯の白い光の景色が印象的に残る1日でした。

     

     

     

     

     

     

    umu-wakaの新しい紫色群

    2016.09.26 Monday

    0

      IMG_2852.jpg

       

       

       

      10月の足音が間近と思うと、

       

      2016年が愛おしくなります。

       

       

      今年は、特に残暑の後あたりから、紫色を幾色も染めました。

       

      一番最近に染めた紫色がこの写真の色です。

       

       

       

      肚を据えて未来の扉を開く、未開の、未開の価値観の世界へと歩き出す、

       

      初めの一歩の、その一足の色です。

       

      価値観の分母を大きくする色でもあります。

       

       

       

       

      IMG_2866.JPG

       

       

       

      umu-wakaには

       

      紫色群だけで50色以上の色があります。

       

      花掛紫色群、空掛紫色群、蓮華水葉色群、遥拝紫色群、貴紫色群....。

       

      そして紫色には、たくさんのキーワードがあります。

       

      変化変容、祈り、精神性、癒し、神秘性、熟成、高貴、永遠、金運.......。

       

       

          

      CIMG6842.JPG     CIMG6841.JPG

      花掛紫色群                       空掛紫色群

       

            

       

       

       

       

      永遠、

       

      変化しない事は、ずっと変化をし続けることと言われます。

       

       

       

       

       

      umu-wakaの紫色は、この二色群から始りました。

       

      花掛紫色群(変化が始ったばかり、慣れない変化変容の中、花のように演じながら変化を楽しむ)

       

      空掛紫色群(変化が進み、いかほど自身の変化が進んでいるのかを確かめるために近視眼になって

       

            自身に厳しくなる状況も空の上から自身を観るように)

       

       

       

       

       

      11212148_959429210774529_7596315527271537487_o.jpg

       

       

       

       

      今秋に染め始めた色群は

       

      変化前の時の色群。

       

       

       

       

       

       

       

      一つ目の紫色は、

       

       

      変化の予兆を前に、自身の未来(さき)の光をのぞむ。遠い先の青い閃光の中に勇気を見る。

       

      よちよち歩きでも、震えながらでも両目が開けられなくても、片目を閉じながら、そっと手を伸ばす。

       

      その変化に少し触れてみる。

       

       

       

       

       

      2つ目の紫色は、

       

       

       

      自身の価値観の中にない選択。自身の価値観の分母を広げ

       

      自身の人生を驚くほどアメージングに描く。

       

       

       

       

       

      この色はumu-wakaの釈迦誕桃色(しゃかたんももいろ)と対になる色かも知れません。

       

      お釈迦様の誕生日の「誕」に込められた教えから生まれた釈迦誕桃色。

       

      釈迦誕桃色

       

       

      母のお腹、羊水の中で育まれ、誕生と共に自力で肺呼吸。生まれた時から既に苦が始っている。

       

      四苦八苦に執着せず、この世は架空ですから楽しく生きなさい。

       

      そして、苦は誰にも平等に訪れる。とお釈迦様は「誕」を説いています。

       

       

       

       

       

      今秋は、変化前の肚をくくる色群。

       

      今秋は、新しい色群の紫色をたくさん生み出したいと考えています。

       

       

       

       

       

       

      暑さ寒さもヒガマンデ

      2016.09.25 Sunday

      0

        IMG_2911.JPG

         

         

         

         

        暑さ寒さも彼岸まで。

         

         

         

         

        お彼岸が来るたびに、いつも思い出すことがある。

         

         

        まあある意味、毎年2回は思い出す小学3年生の国語の時間の出来事。

         

         

         

         

        暑さ寒さも、ヒガマンデ 」

         

         

        クラスメートが国語の教科書の本読みで間違った「彼岸・ひがん」がヒガマンデ。

         

        クラスメートみんなで笑った記憶。

         

         

         

         

        台風浄化の後のお彼岸。

         

         

        ヒガマンデも消えてまっさらなゼロ地点なのかなぁ〜なて思いながらお墓まいりに訪れた

         

        お寺に咲いている彼岸花を見ながら昔を思う。

         

        そういえば、小学生の頃、「彼岸花を摘むと頭が痛くなるから摘んじゃいけないよ!毒の花だよ!」

         

        と母から言われていました。

         

        美しいその赤が怪しげに感じながら登校したことを思い出します。

         

        お彼岸はご先祖様を近くに感じ、幼い頃を思い出すことが多いようです。

         

         

         

         

         

         

        彼岸花の怪しい迷信⇩の言われ

        http://matome.naver.jp/odai/2138008603401060501

         

        http://matome.naver.jp/odai/2137470534371057501

         

        Check